心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

反省

10.30(火)集中と捨てること。

心を集中させるためには現実的な実務処理能力も必要だ。 能力の不足は余計な仕事を背負い込む原因となる。 そのうちに心が雑事に支配されていく。 余計なことにエネルギーを費やさないことも、集中力を生む大事な観点だ。 デザイナーの佐藤オオキさんやロボ…

10.26(金) 足かせを外せ

珍しくものを失くした。 ブツは1万円ほどチャージの残ったSuica。 このときはあまり深く考えなかったけど、珍しい現象ではあるので、何かしら守護霊が伝えようとしているメッセージがあるのかも。 足止め 失速 紛失 油断 不用心 損失 見つからない探しモノ …

10.23(火)主の願いと自分②

幸福の科学の未来。 先生の願いに視点を合わせたら、考え方が変わった。 「使命」って、自分の得意なことや、好きなこととか、自分ができることとは、関係ないんじゃないだろうか。 関係あったとしても、それは結果論でしかないような気がする。 幸福の科学…

10.22(月) 主の願いと自分

経典『凡事徹底と静寂の時間』を読み返していた。 凡事徹底と静寂の時間 ~現代における“禅的生活"のすすめ~ (OR books) 作者: 大川隆法 出版社/メーカー: 幸福の科学出版 発売日: 2016/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 謙虚さについての…

10.20(土) 一日の意味を示す

毎日を振り返って記事を一つ必ず書くことが、いつの間にか日課になっている。 一日の中に与えられた何かを絶対に見つける。 そういう意識をしていないと、日々はどんどん過ぎ去っていき、何があったかなど思い出せない過去が積みあがっていく。 何かを見つけ…

10.18(木) 霊的感化への気づき

今の自分と本来の自分とでは、だいぶ違いがあるらしいことにリアルに気づき始めている。 きっかけは映画『宇宙の法 -黎明編-』の繰り返しの鑑賞。 金土日と3回の鑑賞をした翌日、予定になかったのに気がついたらまた映画館にいたという話を何個か前の記事…

10.17(水) 宏洋さんに学ぶ

ひろしさんの動画が話題だ。 幸福の科学に関する動画がアップされ始めてからしばらく見ないでおいたのだが、自分の中でそろそろ見ても大丈夫かなと感じたので思い切ってまとめて全部見た。 一連の動画を触媒として作用している霊的背景について、信者なので…

10.14(日) 調律眼

今一度、バランスを取り直す必要がある。 睡眠不足、過密なスケジュール、なあなあになろうとする信仰生活、教学の不足、主体性・計画性・建設性の欠如、他人への思いやりの不足など。 求めよう 緊張感を 必要なことだけに目を向けること。 集中力を 使命感…

10.12(金) 出会い 映画『宇宙の法』

4:22起床 経文を読誦 身支度 出発 乗換駅の上野で映画『宇宙の法−黎明編-』の電子掲示広告を発見 他の広告も順々に表示されるので2分か3分に一回、20秒程度の動画表示。 スマホに収めるために立ち止まって最初から表示されるのを待ち、何とか保存。 そこで気…

10.9(火) 「休日」から学ぶ

プライムビデオでダラダラ過ごした昨日の余波が顕著で、経文読んでも、怪しげな映像が頭にバンバン浮かんでくる。 畜生道的な感じ。 だいたい分かってはいたけどやっぱ良くないなアレ。 頭を使わずに休むための優秀なコンテンツを集めておきたい。安心して頭…

10.8(月) 休日

仕事がない日はどうも調子が狂う。 この日が祝日だということをほとんど意識していなかったため、何の予定も入れてなかった。 何かしら本読んだりやることはいくらでもあるから敢えて事前に何するか決めないでおいても良いだろうという心構えだったのだが、…

10.1(月) 変容の影

焦っていた。 焦ると、 視野が狭く、周りや周りの中の自分が見えなくなっていく。 自分中心に世界や他者を利用しようとする。 僕が陥りやすい心境の一つだと思う。 はっと気付くと、目の前には自分のそんな心境を鏡のように映し出している人が、相対時してい…

9.29(土) 軌跡

心がざわつく日々 信仰生活がなおざりになっていた。 そのことに気づいてすらいなかった。 正しい判断ができず、すぐ迷う。 そして、すぐ迷いから抜け出したと思い込む、浅い結論を創り上げる。 なっかなか心の修行は難しい。 だからこそやりがいもある。 こ…

9.19(水) 許しへの道

子供時代に背負ったであろう心の傷、わだかまりと向き合うために、ユートピア活動推進館で禅定を試みた。何か思い出せるだろうか。 まずは、正心法語。 と、思いきや、正心法語でこの日は終わった。 というのも、朝から精神統一を念頭に一日を捉えて、心を調…

9.13(木)心を戻す場所

朝、小さなことで少しイライラしていた。 叔母から「おはよー」とライン。何かと思ったら、先日人生相談をして頂いた講師からの伝言を預かっていたとのこと。 とても嬉しくなった。 自分のことを気にかけてくれる人がいる。 それだけで充分幸せじゃないか。 …

9.7(金)トラウマからの怒り

「このくらいのイライラ、誰でもあるだろう」 っていう思い込みがある。 言い方を変えてみると、 「このくらいのイライラは許される」 「自分のこのイライラは罪ではない」 「間違っているのはコイツだ」 だんだんと悪性が明らかになってくる。 「この怒りは…

成長圧力としての不調和

全てを自己拡大の機会とできるかが日々試しとして現れている。 一日を生きる中で心が揺れ動くとき、他者の言動にイライラしたり、自分の不甲斐なさに落胆したくなるようなとき、そこに今の自分の器のアウトラインが示されていると解釈する。 結局何が問題か…

光明転換の基本姿勢と考え方

6月21日 pm16:00 かなりスッキリした感覚。 精神的コンディションとしてはかなり良い仕上がりだ。 心は明るく、前向きで、澄んだ感じがある。 良質のインスピレーションを文章としてまとめようとしている。 今朝のコンディションからは考えられない心境だ。 …

身体への感謝と凡事徹底

身体への感謝 先月2週間ほど体調を崩していた時期があり、また、身近に老いによる身体の不調を口にする癖のある同僚との出会いもあったことから、健康であることのありがたみを実感せざるを得なかった。調子が良いとは言えない状況だからこそ、身体に対する…

凡事徹底

めんどくさがるからめんどくさいことにどんどんなっていくのだ。 凡事はご恩返し。 何事もわずらうことなく、めんどうを嫌がらず、ていねいに、感謝の心を込めて行いを積み重ねてゆけることを幸せと思えば、凡事に尽くすは必然となっていく。 人からの評価で…

焦り心

たまに焦る。仕事などの目標達成のために時間に追われて戦っていると、誰だってそれなりにあることだと思う。 焦ると緊張感で心が狭くなって、自己中心的に物事を考えるようになる。 心にゆとりがなくなり、ちょっとしたことで機嫌が悪くなったり、急いでい…

3月16日の反省

なんとなくBGM Tender Love (Per-Olov Kindgren) むさぼりの心についての反省 最近ちょい太り気味で、気にはしていたのだが、少々食べ過ぎなのかもしれない。 お腹が減るのを待たずして食べることが多くなっているし、その上運動量も減っている。 今もお腹張…