心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

幸福の科学

独り歩きする想念

経典『成功の法』メモ 人の放つ想念って独り歩きする生きもののようなもので、その中身が否定的であった場合、否定的な人、失敗者を引き寄せてしまうんだとか。 しかも多くの人の想念は放っておくと否定的になりがちで、意識しないと勝手に疫病神を呼び寄せ…

解放というミッション

破邪顕正 破邪顕正 そう、精神的な価値を生み出さなくてはいけないのだ。 自分がやろうとしている自己表現について様々に説明をつけることは可能だろう。 どういうものを生み出して、どんな影響を及ぼしたいだとかもあることはあるけれど、その中身以上に、…

人生の責任学 『世界から希望が消えたなら。』

やる気が湧き上がってくる。 sekai-kibou.jpこの映画を思えば思うほどに、何かやる気が出てきて仕方がない。 自分の店をやってる友人にも強めに進めておいた。 重い責任を背負って闘っている人にとって、もの凄い励みになるだろうと思う。 理屈をこえて伝わ…

本物の感化力 映画『世界から希望が消えたなら。』

「与えられた命を使命のために使い切りたい」ていうようなセリフがあったが、自分も同じ気持ちを持っている。 他の人の口から聞いて、こういう考え方って一般的ではないんだよなと再認識する瞬間だった。 昨日久しぶりに従兄弟に会って話していて、仕事の話…

神様とすれ違う映画『世界から希望が消えたなら。』

「出る」とは聞いていたけれど、ストーリーに引き込まれていましたので、普通に新鮮な気持で驚けました。 先生が通り過ぎるあのシーンが最も印象に残っている。 あのシーンというより、あの瞬間だけ本当に主とすれ違って、気が付いたらまた映画の続きを見て…

常に仏陀と共に歩め

瞑想参考資料 経典『大悟の法』 第5章 常に仏陀と共に歩め ■真実の自分(人間の心)とは ・肉体と等身大の形状を持った霊的存在(形を取って現れるもの・魂) ・法則としての存在(形のない精神作用) ■死後の霊的認識の変化 ・最初⇒肉体と同じような姿を取…

地球人類の夢

今朝の瞑想は新鮮だった。 僕の心の中の物語ではあるけれど、理想のその先を夢の中で垣間見たような、不思議な感覚だった。 そこまで行くんかってくらい膨らんでいるけど、まあ心は自由ですから。 このイメージを心にスケッチして膨らましていこう。 地球神…

ユートピア実現の瞑想

人間的な限界の中で試行錯誤している自分を脱して、霊的にならなくては本来の力は及ばない。 自分はまだまだ本当の意味で信じていなかったことに気づいた。 自分の足元ばかりを見て、ユートピア建設が叶った世界を心の中に描いたことが今まで一度もなかった…

宗教修行④

雑念を取り払っていくうちに心が澄んでいくのだが、そうなることが最終目的ではなく、「本当の自分」が何者であるかを掴むのが今回の一番の収穫目標だったのかもしれない。 「この世の常識の中に生きる一人の人間」という自己認識のままでは、霊的な自分が何…

宗教修行③下山後

意識の切替え 下山後、この世的欲求...入山中には求められないような「楽しい時間が」欲しくなりだした。 たとえるなら3日くらいご飯食べるのをわすれてたところにカレーの匂いが漂ってきて空腹感覚が甦る感じ。 意味もなくスマホを見たくなったり、誰か友達…

宗教修行②

食堂の入り口に水槽があり、メダカが泳いでいた。 お堂で禅定しているとき、 “自分という存在も一つの選択肢に過ぎない”という言葉がうかんだ。 目的を持ったエネルギーの出口の一つとしてこの世に現れている小さな動く火山みたいなイメージ。 今横に座って…

宗教修行①

13:43 小田原駅のベーカリーの窓際に席を取ったものの冷房ががっつり当たって寒い。 外には半そでの人が普通に歩いているのに、ジャケット羽織ってストールまで巻いているよ。 何にせよ見慣れない景色での異質な体験は楽しい。 2時間前まで海抜777mの神殿で…

ソウイウモノニワタシハナリタイ

14:56 月刊誌 「信仰の純粋化 ー『天照大神の「信仰継承」霊言』講義ー」① 読了。 非常に大事な論点で、というか、自分がここのところずっと考え続けていた「自分を小さく」という部分そのものだった。 HSUから入局するエリートの考え方はある意味意外だった…

創造的清貧

2019/09/28 27:53実は8月あたりからひそかにイエス様系統の思想にとても惹かれていて、関連の霊言を紐解いてみたりしながら心の探求を深めさせてもらっていた。 どうやら、イエス様の霊流が活発化しているらしいと知り、ムム⁈って感じもしているのだが、そう…

2019/09/26のひらめき

2019/09/26 12:52 初の箱根精舎行くことに決めた。 結構前からなんとなく行きたがっていた。 「なんとなく」を確信にするスピードをもっと上げよう。 様子見はいらない。 それが答だ。 インスピレーションを疑わないで良いような心境を保つこと。 逡巡(しゅ…

簡単楽しい精神統一

心が調ってゆく ssktmnr.hatenadiary.jp お部屋の模様替えをして、書棚を整理して以来、やはり記事に書いたとおり様々な経典を手に取るようになっている。 たいてい手に取るだけでは気がすまず、ペラペラとページをめくってはいつの間にやらじっくり読んでい…

生活の景色と心の景色

昨日は以前からやりたいなーと感じてた部屋の模様替えを4~5時間やっていました。 毎度のことではありますが、すべての本を棚から降ろして、棚を空にして良い感じの場所へ動かすという手順を踏んでいるので、うちにあるほぼすべての本に手を触れることにな…

『青銅の法』公案研修を振り返る

今朝の礼拝の際に思い浮かんだ昨年末の旅を振り返っている。 その中で受けた『青銅の法』公案研修について書いてみる。 今一度『青銅の法』を頂いたその時の心を見つめ、今年残り4か月強および、今後を描く力としたい。 「魂の目覚め編」とあるが、解説を見…

光の通り道をひらくために

磨けば磨くほどに良くなっていく。 ここ数日、夜な夜な床を水ぶきするようになっている。 毎日やるつもりはなかったんだけど、やめられん。 自分の心の中にある、マイナスの思いをぬぐい去って、プラスの思い、喜びや感謝、幸せの思いを塗りこむようなイメー…

未来 運命の塗り替え

過去に培ってきた心の傾向性が光の通りを悪くする要因になっている。 これを拭い去っていくことで、未来が開けるスピードを何倍にも増していける。イメージそのものを新しいものに入れ替えていかなくてはならない。 なんとなく作り上げてしまったイメージが…

厳しさと救済の心

昨日記事を投稿したあと悪霊におそわれてました(笑) 風邪の症状がだいぶ良くなったとは言え、病み上がり。治りかけの時期を丁寧にケアしないとこじれることが多いので、むりせず横になったら奴らが来ました。 横になってうとうとし始めたあたりで、昨晩YouTu…

人生の選択

自分の人生と思っていたものが、自分のものではなかった。 誰かの目を気にしながら調整した枠組みの中で生きてきた。 今もその名残りの中で模索中だけど、本当の自分のあり方をまっさらな気持ちでこれから建設していけるんだと思うととても嬉しくなる。本当…

12.16(日)奇跡の担い手たちへ

目を覚ますと自分の部屋ではなく、精舎の宿泊堂であることが嬉しい。 なんて幸せなんだろう。 仏様のお腹の中で眠っているかのごとき安寧。朝、大正池を散歩した。 これもなぜか毎回の恒例になっている。 初めて生誕館に来たとき、到着したのが早朝で、開館…

12.15(金)② 夜

研修初日のプログラムが終わり、自由時間に。 生誕館に来るたびに拝聴している限定御法話「El・Cantare in Kawashima」を拝聴。 限定御法話は3回目なのだが、回数に関わりなくすごく良い。 説法というより主の願いを魂に刻んでいただけるような、特殊な時間…

12.14(金)法シリーズ実装

申し込んでおいたDVD CDセットを拝受した。はいじゅ pic.twitter.com/SwdWVQa3Ks— ウミ音コ (@ssktmnr) 2018年12月14日信仰の法はセットでの頒布はもうされていないらしく、バラで拝受できるようになっていたのでDVDだけ。自宅でDVDを見て思ったが、思い描い…

12.13(木)宇宙を知り、人を知る

全然予定していなかった研修を気づいたら受けていた。エル・カンターレ祭会場のモニターで紹介動画を見てから、拝聴したいなと思うようになってはいたけど、まさか今日拝聴するなんて思っても見なかった。 不思議だった。いつからどのように拝聴しようという…

11.29(木)運命と聖なる磁力

東京正心館日暮里洗い替えツアーへ12月の中旬に確保した3日間と18時間の休みをどう使うか、しばらく判断を棚上げにしていた。 生誕館には行こう。 それだけ決めてプラスアルファをどう組み立てると良いのか、考え始めるときりがなく、なかなか定まってくれな…

11.28(水) すべては成長の過程にある

久しぶりに支部へ足を運んだ。 短い時間だったけど、癒された。 支部にいる皆の信仰の姿を見ていると、とても尊く、大切なものを目にしているような気持ちになる。 ありがたい時間だった。 もっと日常的に来れたら幸せなのだが、時間、場所、意識の問題で足…

11.27(火) つぼみを慈しむ心

1980〜90年代の御講演会のカセットテープをちょこちょこデータ化している。 この日は『知恵の原理』 経典と違い、会場の雰囲気が伝わってくる感じが良い。かつて両親が拝受したものだが相当数ある。 今となっては再生機器がないため、誰も見向きもせず、棚や…

11.23(金) 伝道発願

初転法輪祭に参列し、祈願を受けた。 ガラス張りの心で生きているかのような自分になりたい。自分は心の中の何割くらいを表に出して生きているのだろう。1割も出さずに、ちまちまと小出しにしながら生きてるんじゃないだろうか。全部出せるくらいの自分にな…