心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

5年前と来月の景色

間違った。 4年前です。 ふらっと 旅に出たい。 今ほしいものが何もない。 強いて言うならいつもとちがう景色を見たいとか、そんなところだ。 ノートといつも使っているボールペン7色くらいあれば良い。 思考との交流をたまにしつつ。 広い景色と、誰かその…

夏の夢

今週のお題「夏休み」 東京に帰ってきた。 3泊4日があっという間に通り過ぎた。 まるで美しい夢でも見ていたかのようだ。 いつも年末年始に帰省していて、この季節の八戸を見るのは本当に久しぶりだったのだけど、花が咲き誇り、祭りでにぎわい、生命力に…

日常

ビル風とかじゃない、外に流れている天然の風がなだらかに窓から入って来て気持ちいい。 さほど絵にならない景色だけど豊かだと思う。 朝からすずめやカラスや、たまにウミネコが鳴き、自分以外の人が同じ空間で生活をしている。 これがフラットか。 一人が…

北へ

田舎へ向かって北上しています。 前回は正月なので7ヶ月ぶり。 夏に帰るのは何年ぶりだろうか。 10年くらいかも。 短編の作品完成の目処がだいたい立ってきているし、次の構想もフワッと見えているので、ここいらで一区切りの句読点を打っておくことにした。…

海がある土地で産まれ育ち、18まで暮らしていた。上京するまではそれが特別なことだなんて思いもしなかった。 上京していろんなことが田舎と違っている事にショックを受けたが、それらの中でも「海」の喪失は当時の自分にとってとても大きな代償に感じられた…

上野大宮八戸

6:06上野発の新幹線を待つ間、大宮に行きたいというベトナム人の女の子に声をかけられた。 スマホの乗換案内の画面を見せられ、 「これで大宮に行ける?」 と新幹線改札を指差す。 6:10発のやまびこに乗りたいらしい。 「この改札で合ってるよ。行ける。」 …

12.17(月)日本の心、地球の心

最終日2年ぶりに伊勢参りをしに伊勢に立ち寄った。 半分観光、半分信仰な気持ちで行ったのだが、すごく良かった。昨晩徳島を夜行バスで出発する頃から移動の一晩ずっと雨でどうなるかと思ったが、晴れた。 日差しが強くて眩しかった。 空がどこまでも青い。 …

12.15(金)② 夜

研修初日のプログラムが終わり、自由時間に。 生誕館に来るたびに拝聴している限定御法話「El・Cantare in Kawashima」を拝聴。 限定御法話は3回目なのだが、回数に関わりなくすごく良い。 説法というより主の願いを魂に刻んでいただけるような、特殊な時間…

12.15(土)ライドオンタイム

夜中2時過ぎ 「おぉぉっ」 「おおおぉっ」 「うぉおおおぉぉっ!!!!」 胸の辺りがぶるぶる震えるような感覚と共に、身体が勝手に叫んでいた。 自分の叫びで目を覚ますと、そこは揺れる夜行バスの車中だった。 今思うと周りの人相当ビビってたと思う。 急病か…

11.14(水) 靖国神社「遊就館」拝観

担当を外された現場に作業着を回収しに出向く。 現場は九段下。 予定してなかったんだけど最後になるし、せっかくだから靖国神社に行くことにした。 7か月以上通った現場なので、もっと足を運んでいてもおかしくなかったのだが、その間靖国を参拝したのはこ…

11.4(日) 静けさを待つ

12月の休暇が無事取得でき、気持ちが浮ついていた。 今年は遠方への旅といえるような機会がなく、ここ3ヶ月ほど休みもほぼなかったので、久しぶりにゆっくり自分だけの時間を過ごせる。 ウキウキするのは良いが、少し落ち着きがない。 あれこれスケジュール…

10.27(土) 少し先の自由へ

まだ10月だが、もう12月のことを考え始めている。 仕事の休みを申請しておいた。 思い通りに休めると良いのだが。 一年の精進への感謝の思いを手向けながら巡る、名古屋と徳島への一人旅。 自分が好きで精進したのに感謝する。 どうゆうこと?って感じかもし…

9.15(土)ロクヨンのアリ冬へ

暑さが通り過ぎて雨空も心地よく感じる。 急激に体が楽になったような気がするのも気温の変化のせいなのだろうか。 夏と冬の合間って天国に感じる。 仕事中、誰かが一瞬開けたビルの通用口から流れてきた雨音と外の冷えた空気が、季節の移り変わりを意識させ…

9.12(水)自己発見の旅路

映画『カサブランカ』を久しぶりに見た。以前見たのはおそらく学生時代。21〜22歳の頃。 久しぶり過ぎて以前に見たこと自体を忘れてた。記憶力は良い方なのだが、案外忘れてることもあるもんだ。 お陰さまで初めて見るのとは違うが、新鮮な気持ちで楽しめた…

霊的自己と肉体

6/11 月曜日 これは出勤なのか帰省の途中なのか。金曜夜の東京駅バスターミナルから出発した旅は、月曜早朝の新宿への到着で一応一区切りなのだが、家に帰る前に仕事があるため、スーツケースを引きずって朝5時台の電車で、新宿から神田へと最初の現場に向か…

1.26 新しい光

夜明けの海の果てに光が灯り始めた 私たちの世界を照らし暖める来光 病める人 健やかなる人 貧しき人 富める人 悲しむ人 喜ぶ人 悪しき人 清き人 弱き人 強き人 醜き人 美しき人 幼き人 老いし人 愚かな人 賢い人 すべての人の古い夜を等しく空の上に押し上…