心のスケッチ  佐々木大記

信仰生活の日々に思うことを綴ります

精進

自信

この3月はかなり特殊というか大きな変わり目の過渡期となったのではないだろうか。今霊調が不安定な状態にあり、依然として過渡期ではあるだろうが、かなり大胆な意識の入れ替えが行われている。 過去に何度かやろうとしてうまくいかなかった試みではあるが…

何とか切り替わった

荷物をすべて降ろしたらニュートラルな精神状態に戻れた。 無気力無感動状態から思ったよりあっさり抜けることができて少し驚いている。自分で定めた戒をいったん全部捨てることにして、毎週木曜の恒例にしていた初転法輪記念館参拝も今日はなしに。 家に帰…

愛の扉

去年9月の記事を一覧にするにあたり振り返っていた。 随分心境の変化があったことに気付かされる。 記事の中には今の自分であったらこういうこと書かないなっていうものも見受けられた。 長ったらしくゴチャゴチャと面倒なことをよくこんなに考え込んだなと…

習慣の秘密

正精進=楽な努力? 毎日時間の記録をしているのだが、そのおかげもあり、「習慣」に対する意識が強くなっている。 経典『仏陀の証明』の中では、八正道の中の正精進の解説として「努力の習慣を身につけること」という説明がある。 習慣が身についてこそ精進…

2.16愛と精進

気楽な精進 このごろリラックスする時間が随分増えた。 というよりリラックスしすぎなんじゃないかというくらい、頑張っていない。 肩の力を抜く生き方を学ばせてもらっているんだと思う。以前は気持ちに余裕がなく、いつも「もっと頑張らねば」と思っていた…

2.2(土)一線を越えろ

FRINGE/フリンジ <ファースト・シーズン>(吹替版) Prime Video ~ J.J.エイブラムズ https://t.co/NMx16GqgY0 @AmazonJPさんから— ウミ音コ (@ssktmnr) 2019年2月2日ドラマにはまっている。 シーズン5まである海外ドラマのシーズン3まできた。常識を…

1.26(土)習慣の母体

新生する習慣 新しい自分を創るために古い自分を棄てる。 無意識にそういう事をしているときがある。 今まで続けていた習慣が途切れるとき、ただ単に怠慢になっているのではなく、実はそれが創造的破壊であることがある。 自分の意思では抗うことのできない…

12.21(金)たまに思うこと

さまざまな情報や、自分自身の余分な欲に惑わされている。 ごく普通の生活をしていて、なんの罪も犯していないのだが、それだけに、自分で自分を律しないといつまでも前進していかない。 誰も指摘しえない心という領域での自制。 それは縛り付けることによっ…

12.20(木)聖なるビジョン

旅の余韻が全く抜けない。 明日金曜には旅立ちの日から一週間となるのに、出発当日の記憶を鮮明に再現することができる。 時間だけが入れ替わって未来にたどり着いているんじゃないだろうか。 まるで魔法にかけられたようだ。 そういえば、ヒームの霊言を拝…

12.19(水)発展と反省

友人と久しぶりに飲んでいた。 なかなか忙しく、会う機会が取れていなかったのだが、「今年も一年お疲れ」的なノリで部屋でしっぽり飲んでた。 最近彼は大川家の長男だった人の動画を見ていたらしく「あの人は誠実だ」などと言っていたので、彼は自分が作り…

12.18(火)失敗と心

午前の仕事を休みにしておいて本当に良かった。旅が終わるなり仕事に追われるのがいつものパターンだったけど、今回もそうしていたら、ゆったりした心を失っていたかもしれない。東京を離れた生活はテンポが違い、自然と歩くスピードが遅くなっていた。 外を…

12.16(日)奇跡の担い手たちへ

目を覚ますと自分の部屋ではなく、精舎の宿泊堂であることが嬉しい。 なんて幸せなんだろう。 仏様のお腹の中で眠っているかのごとき安寧。朝、大正池を散歩した。 これもなぜか毎回の恒例になっている。 初めて生誕館に来たとき、到着したのが早朝で、開館…

12.15(金)② 夜

研修初日のプログラムが終わり、自由時間に。 生誕館に来るたびに拝聴している限定御法話「El・Cantare in Kawashima」を拝聴。 限定御法話は3回目なのだが、回数に関わりなくすごく良い。 説法というより主の願いを魂に刻んでいただけるような、特殊な時間…

12.14(金)法シリーズ実装

申し込んでおいたDVD CDセットを拝受した。はいじゅ pic.twitter.com/SwdWVQa3Ks— ウミ音コ (@ssktmnr) 2018年12月14日信仰の法はセットでの頒布はもうされていないらしく、バラで拝受できるようになっていたのでDVDだけ。自宅でDVDを見て思ったが、思い描い…

12.12(水) 一日を創る心

年末年始の休みを確保し、帰省の目処がたった。 明日(13日)一日をはさんで金曜の夜には四国と名古屋へ旅立つ。 どんどん過ぎ去っていく一日一日を、もっとじっくりかみしめたいという気持ちがある。計り知れないほどの愛が込められた尊い一日を与えられ…

12.11(火)エル・カンターレ祭を体験して

開演前 ウェルカムプログラムが始まったあたりから、僕は涙を流していた。 これは自分の願いなのだろうか。 浮かんでくる思いがあった。 それは、会場に集まっているたくさんの信者のみなさんを目にしていたからこそ、見ることができたビジョンでもあったの…

11.29(木)運命と聖なる磁力

東京正心館日暮里洗い替えツアーへ12月の中旬に確保した3日間と18時間の休みをどう使うか、しばらく判断を棚上げにしていた。 生誕館には行こう。 それだけ決めてプラスアルファをどう組み立てると良いのか、考え始めるときりがなく、なかなか定まってくれな…

11.20(火) 酒

モチベーションの曲線グラフは低ポイントをキープ。 頭を使いたくないらしく、YouTubeをぼーっと眺めていた。 頭を働かせているとインスピレーションが湧いてこない。閃きを得るためにはリラックスが必要なのだ。 だから今ゆったりとした生活をしているんじ…

11.18(日) 映画ビフォーアフター

だいたい一週間前のことを振り返って記事にしようとしているのだが、これは、意図があるのではなく、追いついていないだけだ。 本当はリアルタイムで今その時にしか紡ぐことのできない心の景色を残しておきたいのだ。 改善しよう。 で、一週間前のことを今思…

11.17(土) 集中から解放へ

この頃、気が付いた。 荷物が重い。左の肩に食い込むような痛みが慢性化しつつある。 カバンの中に色々詰め込んで都内を歩き回るのはキツイ。 とくに、東京は階段がやたら多いのだ。 オフィスワークやってた頃はカバンに本を10冊近く詰め込んでた頃もあった…

11.16(金) 松陰の言霊

一喝 吉田松陰の霊言 (OR books) 作者: 大川隆法 出版社/メーカー: 幸福の科学出版 発売日: 2010/04/06 メディア: 単行本 クリック: 5回 この商品を含むブログ (1件) を見る 吉田松陰という人を追いかけるような読書生活が続いている。 意識してそうしようと…

11.7(水) 魂の教育

大日孁貴の霊言 ―天照大神のルーツとその教え― (OR BOOKS) 作者: 大川隆法 出版社/メーカー: 幸福の科学出版 発売日: 2018/01/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る オオヒルメノムチの霊言を読み返していた。 年初に開示された霊言が今年一年の…

11.3(土) 無敵の愛

昨晩は25時過ぎに寝て今朝は4時過ぎに起きて出勤。 10時半からユートピア活動推進館で、先週に引き続き「自己犠牲の精神」セミナーを再度受講。 フリースペースの椅子で3時間くらい朦朧としていただろうか。 夕方には再び仕事へ。 そして24時過ぎに帰宅。 …

10.31(水)一日一生「未来への終活」

10月最終日 この一か月を振り返ってみるのもいいかもしれない。 毎日寝る間を惜しんで無理やり一日の活動時間を膨張させる日々が続くうちに気が付いたら月末って感じだった。 8月から始まった休みなし、一日4時間睡眠の今の生活リズムは大変は大変だけど…

10.30(火)集中と捨てること。

心を集中させるためには現実的な実務処理能力も必要だ。 能力の不足は余計な仕事を背負い込む原因となる。 そのうちに心が雑事に支配されていく。 余計なことにエネルギーを費やさないことも、集中力を生む大事な観点だ。 デザイナーの佐藤オオキさんやロボ…

10.29(月) 心の環境整備

仕事をして、映画見に行って、服買って、支払いして、散髪して、といろいろ雑務レベルのタスクをたくさん処理していた。 まあ、唯一映画を見る時間だけ、光を浴びていられたので良かったが、雑務対応ばかりしていると明らかに心境が落ちてくるというか、ぼん…

10.28(日) 「自己犠牲の精神」セミナー

ユートピア活動推進館にて 「自己犠牲の精神」セミナーを受けた。 目的は使命に殉じ生き抜いた偉人たちから感化を受けること。 知性や理性的な教学ではない、熱さをハートに響かせようと思った。 今自分に必要なのは理屈ではない。 尊いものに出会った感動。…

10.25(木) 静かな一日の随想

毎日よく朝早く起きれるなと、我ながら感心している。 大体4時間程度の睡眠で一日を駆け抜けているから、一日の持ち時間が20時間。 随所で居眠りはするのでもう少し短くなるとは思うが、ずいぶん長い一日を生きているなとよく思う。 実際、夜自宅に帰る頃に…

10.20(土) 一日の意味を示す

毎日を振り返って記事を一つ必ず書くことが、いつの間にか日課になっている。 一日の中に与えられた何かを絶対に見つける。 そういう意識をしていないと、日々はどんどん過ぎ去っていき、何があったかなど思い出せない過去が積みあがっていく。 何かを見つけ…

10.19(金) 情熱を受け継ぐ

digitalcast.jp レジ袋有料化のニュースを見て思い出されるあるスピーチがある。 バリ島のレジ袋削減活動の中心人物になった二人によるTEDでのプレゼン。 純粋な少女たちの情熱がまっすぐに社会を変革していくストーリーに胸を熱く打たれた。 彼女らはグリー…