心のスケッチ  佐々木大記

信仰生活の日々に思うことを綴ります

自由

家庭内引越し

部屋が荒れてる 引っ越しかと言うくらいの有様だ。 いつもは一晩で模様替えを終えるのだが、今回は時間をかけている。というより完成しない状態を楽しんでいる。 これまではカッチリした形を作って完成させていたんだけど、今は如何にして崩し、如何にして遊…

いつもと同じ日に

高音質【Clair de lune−Debussy】ドビュッシー-月の光/CANACANA - YouTube 今日はきっと特別な日になる。 何か予定があるわけではない。 いつもの仕事。 いつもの人いつもの場所へ行き、帰ってくる。 でも、きっといつもとは違う、大切な日になる。 急ぐ気持…

遊び心

部屋の模様替えをやりかけていて、それだけをやりたいんだが、仕事から帰って家に付くのは24時くらいになり、明日は4時45分頃には起きて5時10分には仕事にでる。と考えると模様替えは明日に回すのが無難だと分かっているのだが、部屋いじりはスイッチが入る…

人生の選択

自分の人生と思っていたものが、自分のものではなかった。 誰かの目を気にしながら調整した枠組みの中で生きてきた。 今もその名残りの中で模索中だけど、本当の自分のあり方をまっさらな気持ちでこれから建設していけるんだと思うととても嬉しくなる。本当…

解放

もっと自由に ここ一ヶ月くらいの間に、はっきり言って別人になった。 これが自分だと思っていた個性や生き方、考え方は、自分自身を守るための分厚い殻のようなもので、本当の自分ではないことに気がついた。 脱ぎ捨てて初めて気づいた。なんてでかく分厚い…

変化の中

このごろ、「こうあらねばならない」っていう縛りから開放されていて、とても楽だ。 信仰生活もほとんどやってないんじゃないかってくらい力を全然入れていない。 自然に任せている。 10日前。先週の木曜に重荷を下ろすと決めてから、随分変わった。 さらさ…

今、光る

過去で今を縛る考え方が自分の中にあることに気づく。 一日あたりのおこ遣いを自分の中で決めているのだが、それをオーバーして守れなかった場合には、オーバー分をその後の節約で取り戻そうと考える。 別に何の問題もない考え方だと思っていたけど、何の罪…

時をかける清掃員

雑居ビルから 薄暗い通路の壁にも春の光が街はどことなくホッとしたような雰囲気で空気が優しい。桜の季節を感じ始めると北朝鮮のミサイル発射を思い出してしまう。 10年前(たしか)の花見の日に金正日が飛翔体を飛ばし、日本上空を通過させたことを印象的に…

2.16愛と精進

気楽な精進 このごろリラックスする時間が随分増えた。 というよりリラックスしすぎなんじゃないかというくらい、頑張っていない。 肩の力を抜く生き方を学ばせてもらっているんだと思う。以前は気持ちに余裕がなく、いつも「もっと頑張らねば」と思っていた…

12.21(金)たまに思うこと

さまざまな情報や、自分自身の余分な欲に惑わされている。 ごく普通の生活をしていて、なんの罪も犯していないのだが、それだけに、自分で自分を律しないといつまでも前進していかない。 誰も指摘しえない心という領域での自制。 それは縛り付けることによっ…

11.23(金) 伝道発願

初転法輪祭に参列し、祈願を受けた。 ガラス張りの心で生きているかのような自分になりたい。自分は心の中の何割くらいを表に出して生きているのだろう。1割も出さずに、ちまちまと小出しにしながら生きてるんじゃないだろうか。全部出せるくらいの自分にな…

11.22(木) 世を照らすために

翌日の初転法輪祭で祈願を受けることにした。そんなこと考えてなかったんだけど、気づいたら「明日受けさせて頂こうと思いますよろしくお願いします」と宣言していた。先週から日暮里の現場を担当することになって、仕事のあとに初転法輪記念館で静かにして…

11.21(水) 表現者の愛

依然としてやる気があまり出ない。 というより、何かとても自然な状態にあるようにも感じる。なので無理に何かを頑張らせることなく自然に身を任せる。 夜中何となくテレビをつけるとクレイジージャーニーの時間だった。しばらく見てなかったけどたまにぶっ…

11.17(土) 集中から解放へ

この頃、気が付いた。 荷物が重い。左の肩に食い込むような痛みが慢性化しつつある。 カバンの中に色々詰め込んで都内を歩き回るのはキツイ。 とくに、東京は階段がやたら多いのだ。 オフィスワークやってた頃はカバンに本を10冊近く詰め込んでた頃もあった…

11.22(木) 思いついたままの創作

それぞれの心の中を表に出すことを通して、互いを賛美し、違いを祝福し合い、一人きりでは得られない幸福の輝きを作り上げる。 人間の行いうる美しい営みには普遍的な喜びに満ちていて、どのように時代が変化しようとも、永遠に変わることのない理想であり続…

11.13(火) 下積み時代

週3で入っていた現場をクビになったようだ。 今後は違う人間がその現場を担当し、自分は別現場に入ると会社からの連絡を受ける。 かなり嬉しい。 無心で継続していたのでその現場に行くことに対して嫌とか思うことなくやってたけど、終わりを告げられて心の…

11.5(月) 天使の幸せ

マイナス想念がまとわりついている感覚がどんどん重くなってきている。 気がつくと頭の中はどこかの誰かと言い合いをしていたり、とにかくにぎやかだ。 こういう精神的な重さは肉体的疲労にもつながる。 体がとにかく疲れている。。 夕方には這うような気持…

10.31(水)一日一生「未来への終活」

10月最終日 この一か月を振り返ってみるのもいいかもしれない。 毎日寝る間を惜しんで無理やり一日の活動時間を膨張させる日々が続くうちに気が付いたら月末って感じだった。 8月から始まった休みなし、一日4時間睡眠の今の生活リズムは大変は大変だけど…

10.27(土) 少し先の自由へ

まだ10月だが、もう12月のことを考え始めている。 仕事の休みを申請しておいた。 思い通りに休めると良いのだが。 一年の精進への感謝の思いを手向けながら巡る、名古屋と徳島への一人旅。 自分が好きで精進したのに感謝する。 どうゆうこと?って感じかもし…

10.26(金) 足かせを外せ

珍しくものを失くした。 ブツは1万円ほどチャージの残ったSuica。 このときはあまり深く考えなかったけど、珍しい現象ではあるので、何かしら守護霊が伝えようとしているメッセージがあるのかも。 足止め 失速 紛失 油断 不用心 損失 見つからない探しモノ …

9.16(日) 外へ

唯一朝早起きしなくても良い日曜日。 7時くらいに起きて二度寝して8時過ぎに起きたのだろうか。 ゆったり過ごせるって幸せだ。 二度寝すると高確率で霊的な夢を見る。 寝る前の暗示とかあまりやらないのだが、夜より朝のまどろみの時にそういうのやった方が…

9.7(金)トラウマからの怒り

「このくらいのイライラ、誰でもあるだろう」 っていう思い込みがある。 言い方を変えてみると、 「このくらいのイライラは許される」 「自分のこのイライラは罪ではない」 「間違っているのはコイツだ」 だんだんと悪性が明らかになってくる。 「この怒りは…

9.4㈫ 器の広がり

午前2時過ぎに目が覚めた。 気になっていたプロフェッショナル。宇多田ヒカルの回を見つけ、視聴。 すぐそこまで近づいてきている理想を紡ぎ出そうとしている姿に心が響く。 静かに宇多田ヒカルにハマっている。 ※ 9月から仕事量を増やし、けっこう忙しくな…

買い物中めまいと立ちくらみに襲われ、自分が無自覚にダメージを負っている事を認識した。 甘く見てた。 食生活がこの2日程手抜きだったことと、睡眠不足の状態で仕事をし、ようやく自宅に到着する間際の400ml献血。そりゃ倒れそうになるわ。 血液ってエ…