心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

霊性

総裁先生との時間

2016.12月 大正池お昼頃 眠っていたら夢に総裁先生が現れた 自分を含む20人くらいの信者が集まっている礼拝室に現れ説法ではなく一人一人のところに赴いて一対一のコミュニケーションをしてくださった 丁寧に時間をかけて 時間をかけすぎて日が暮れようと…

希望を映す鏡

夜勤明けのけだるさが今日は強めに残留している。 救急外来が多く忙しかった。 この時期は皆浮足立つのか、事故で運ばれたり、飲み過ぎで倒れたりと、まさかの不幸に見舞われやすいらしい。 救急病院に勤めて分かったけど、自分が思うよりも、事故や急病って…

雲海を突き抜ける意志

今の自分には目標設定が足りていない。 一日を生きる気力の元となる目的を自分自身で創造する習慣を身に着けたい。 これまでは仕事でスケジュールを埋めることで、常に何かしらやることや、行く場所がある状態を維持していた。 いや、正確には維持“されてい…

愛へ

現実的な忙しさや、自分自身の時間管理のルーズさが相まって、気づいたら時間が結構すぎているという感じで、現実の出来事や出会いが様々に訪れては去っていく日々が続いています。 いっきに自分のここ最近の日々を一つの記事にまとめ上げるより、一つひとつ…

にわかデブの発心

最近運動量が少なくて、その割によく食べよく眠るもんだから、いつの間にかけっこう太った。 お酒も飲むし、絶対良くない。 さらには始めた仕事が夜勤なので、睡眠時間とかかなり不規則だ。 恐らくこの先に見えるのは、体調が優れなくなった状態で夜勤やって…

信じる時代へ

信じることから初めてみてはどうだろうか。 誰もが、まず疑ってかかる。 自分が傷つくのが怖いから。 損をしたくないから。 「信じる」という自由の翼を閉ざし、本来は大空を飛べたことが分からなくなっている。 今、主から放たれる大量の愛の光があなたに降…

瞑想的名画『素晴らしき哉、人生!』

あれ。 もう二週間ばかりで今年が終わってしまうのか。 ぼーっとしているうちに年末がやってきている。 ここ数年は仕事に追われるように過ごし続けていたけれど、最近は緩やかに仕事をしつつのんびりと過ごしているので、一年間に対する達成感が薄い。 にし…

幽霊を見るか

病院勤務が始まって数日が経つ。 泊まり勤務なので、呼び出しがかからない夜中は控室で仮眠もするのだが、自分の場合うとうとしていると霊的になってしまうこともあり、普通には寝れない。 救急病院だし同じフロアに霊安室とかあるし、そういう噂も聞いては…

生霊を自分自身に飛ばしていた疑い

生霊論 ―運命向上の智慧と秘術― (OR BOOKS)作者:大川 隆法出版社/メーカー: 幸福の科学出版発売日: 2019/11/29メディア: 単行本新刊経典『生霊論』を読みました。 生霊って要は「三次元的な霊」ってことなのかもしれないなと思った。 現世での自分の欲求によ…

霊性と想像

見た目や確認できる事象だけに目を奪われて真実を見誤ってはいけない。 まだこの世界に事象として現れていないからと言って、「それ」がないとは言い切れないのだ。 今まさに、「それ」はこの世界に実在を証明せんとしている。 見誤ってはいけないのだ。 想…

爽やかで開放的なオカルト人間へ

ssktmnr.hatenadiary.jp ちょうど一か月前、誕生日の思い付きで夢をたくさん羅列した。 「ことばで自分を導け」という言葉が浮かんだのがきっかけだったと思う。 自分はどれだけ自分を導くことができただろうか。 一か月前が随分遠い昔のように感じられる。 …

解放というミッション

破邪顕正 破邪顕正 そう、精神的な価値を生み出さなくてはいけないのだ。 自分がやろうとしている自己表現について様々に説明をつけることは可能だろう。 どういうものを生み出して、どんな影響を及ぼしたいだとかもあることはあるけれど、その中身以上に、…

常に仏陀と共に歩め

瞑想参考資料 経典『大悟の法』 第5章 常に仏陀と共に歩め ■真実の自分(人間の心)とは ・肉体と等身大の形状を持った霊的存在(形を取って現れるもの・魂) ・法則としての存在(形のない精神作用) ■死後の霊的認識の変化 ・最初⇒肉体と同じような姿を取…

『世界から希望が消えたなら。』前夜

『ヒア アフター』 www.amazon.co.jp 良い映画だった。 霊能力を隠してふつうの人生を生きようとしている霊能者の青年と、臨死体験をもとに死後の世界について研究し出版した女性ジャーナリスト、事故で双子の兄を失った少年。 それぞれの孤独と葛藤と悲しみ…

非常識なおとこ

信仰に基づいた新しい道ひらきをしようとしている。 今何気に無職で、仕事を見つけないとやばいのだが、気持ち的にはなんにも焦っていない。 せっかくの時間なので、信仰生活にどっぷり浸かっておくことが大事だと思っている。 とは言え当然気にはなる。 し…

ユートピア実現の瞑想

人間的な限界の中で試行錯誤している自分を脱して、霊的にならなくては本来の力は及ばない。 自分はまだまだ本当の意味で信じていなかったことに気づいた。 自分の足元ばかりを見て、ユートピア建設が叶った世界を心の中に描いたことが今まで一度もなかった…

宗教修行④

雑念を取り払っていくうちに心が澄んでいくのだが、そうなることが最終目的ではなく、「本当の自分」が何者であるかを掴むのが今回の一番の収穫目標だったのかもしれない。 「この世の常識の中に生きる一人の人間」という自己認識のままでは、霊的な自分が何…

宗教修行③下山後

意識の切替え 下山後、この世的欲求...入山中には求められないような「楽しい時間が」欲しくなりだした。 たとえるなら3日くらいご飯食べるのをわすれてたところにカレーの匂いが漂ってきて空腹感覚が甦る感じ。 意味もなくスマホを見たくなったり、誰か友達…

宗教修行②

食堂の入り口に水槽があり、メダカが泳いでいた。 お堂で禅定しているとき、 “自分という存在も一つの選択肢に過ぎない”という言葉がうかんだ。 目的を持ったエネルギーの出口の一つとしてこの世に現れている小さな動く火山みたいなイメージ。 今横に座って…

宗教修行①

13:43 小田原駅のベーカリーの窓際に席を取ったものの冷房ががっつり当たって寒い。 外には半そでの人が普通に歩いているのに、ジャケット羽織ってストールまで巻いているよ。 何にせよ見慣れない景色での異質な体験は楽しい。 2時間前まで海抜777mの神殿で…

一瞬の霊性

今しか 掴むことのできない瞬間の恵みが 毎日毎秒の中で 流れ星のように 流れては消えていっている 今 すべての人が 今という時間に生きている 眠っている人 目覚めたばかりの人 戦っている人 スマホ落として 画面割れた人 産声を上げた新しい命 長い人生を …

満たし合う喜び

不完全な自分で良い 不完全だからこそ他の人と結びつくことができる。 自分一人で完全になりたがっていた。 それで一人分の小さな成長は叶うのかもしれないけれど、神様は、人々が欠けているところを補い合い、出過ぎたところを生かし合う関係性を望んでおら…

簡単楽しい精神統一

心が調ってゆく ssktmnr.hatenadiary.jp お部屋の模様替えをして、書棚を整理して以来、やはり記事に書いたとおり様々な経典を手に取るようになっている。 たいてい手に取るだけでは気がすまず、ペラペラとページをめくってはいつの間にやらじっくり読んでい…

今日一日を生きるための祈り

今日一日を生きるという考え方は、思ってたよりも奥深いものがあります。ssktmnr.hatenadiary.jp「こういう考え方ありかも」ってくらいの感覚で書いた記事だったんだけど、気づいたら案外そのとおりに日々を生き、昨日から明日へと紡ぐように暮らしています…

本当の幸福

自由であることを忘れずに こうしなくてはならない とか こうするべきだ とかではなく 「こうしたい」を自信をもって選び取れるような、清らかな心で生きている自分 それが自然であり、喜びであった本当の自分の望みは、霊的な透明な心から湧き上がってくる …

善悪を超える視座

乱高下する波長 調子が調ったと思ってたらまた乱れ、バランスがとれない心にやや辟易しているが、そんな荒れ模様をどこか離れたところから静かに眺めている自分もいる。 心は海のごとく、海面と海の底とではその景色も静けさも大きく異なっている。 図太さと…

愛が唯一の光 傷ついた人が暗闇の中に見失った 真実を見つめる力 正しさを押し付けようとしていた どんな言葉もとどかない 耳の横を通り過ぎていく その心に必要なのは愛の光 愛している その優しい気持ちだけを大切に守って 透明にしていく 澄み切った水晶…

大いなる力の中で

徐々に徐々に深い集中状態が長く続くようになってきていて、執筆生活と言うにふさわしい日々にようやくたどり着けた感じです。 少し前まではアイデアが浮かばないんじゃないかとか、ちゃんと完成まで持っていけるだろうかとか、作品には関係のない余計な迷い…

思い出して辿り着く

久しぶりに朝起きて(最近は大抵昼過ぎまで死んだふりしていた)ボケーっとしてたらなぜかフッと意識の表層に昔聞いた曲がが浮かんできた。 Nightnoise Shadow Of Time - YouTube shadow of time っていう曲名がどこからともなく思い出され、「あー懐かしいな…

大切で不要なもの

やはりどうもコンディションが調いません。 もがいてむりくりどうにかするっていう感じでもなさそうなので、静かにしようと思う。 空白を作って仕切り直す。 思いの中に取り込んだ色んな景色をいったん洗い流して白紙にしよう。 余分を落とすことで自然に浮…