心のスケッチ  佐々木大記

信仰生活の日々に思うことを綴ります

「頑張る」という概念に変更を

加える必要がある。

一人の人間としての努力では追いつけない過密スケジュールになりつつある。

協力者、異次元パワー、魔法といった今までに使うことのできていなかった力なくして、今後の過密な生活を乗り越えていくことは難しい。

気合い、根性といった「力づく」でやり切る覚悟でいたのだけど、新たな修行段階として、個人を超えた力を集めて仕事を積み上げていく経験が求められているように感じる。

頑張ることと感謝が常に拮抗しているバランス状態を作ることを目標としよう。

「お陰様」の努力であってこそ本当に謙虚さを保つことが出来る。

独りよがり、独善的な修行を脱して、他の多くの人達との関係性を大切に。


f:id:ssktmnr:20180825233441j:image