心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

2018年8月31日(金)

朝6時過ぎ。田町駅

エネルギーの不足を察知。ファミマでチキンとサンドイッチと麦茶を入手。歩きながら喰らう。必要なものを取り入れている実感が喉を通過していく。旨い。そして元気が込み上げてくる。食べ物から力を頂いている感覚が新鮮だった。感謝。

 

現場を4つ片付けて帰る。

地元のスーパーでとりの唐揚げを入手。お昼ご飯のお供にガツガツ食べた。

いつもは腹八分目までしか食べないのだが、なぜか満腹をちょっと上回る位まで食べてた。

その後お腹が空かなかったので夜ごはんは食べないで寝た。鶏肉パワーすごいな。

 

夕方

8月いっぱいの仕事最終日。

餞別にクオカードと日本酒を頂く。一夏しかいなかったけどわりとよくおしゃべりしながら仲良くやってたおかげで、人間関係は深まっていた。一年以上やっている日中の仕事よりもよほど深い。心の交流に時間の長さは関係ないのだと改めて実感。

おじさん「飲みに行こうね」

俺「飲んでる暇はありません」

おじさん「そんなに仕事やらなくて良いんじゃないの」

俺「やりますよ。今やらなかったら意味がありませんから。」

飲み友になるつもりはないので冷たくあしらいまくってた(笑)

そんなおじさん。『天国へ還るための終活』はしっかり読んでくれたようだ。

「死んでも死んだって気づかないで迷っているってあると思うよ。本当に勉強になった。」とのご感想。キチンと入るべき教えが入ったようだ。飲みには行かないけどw、次は『正しい供養 まちがった供養』を渡そう。

順を追って霊界案内をしながら、”教え”による導きを与えていきたい。

 

アナザースカイ 友近

最近テレビを見なくなったのだが、唯一アナザースカイだけは録画して見るようにしている。

今回は放送時間に見たが、夜中にテレビつけると良くないのか、久しぶりにビール飲みたい気分になった。そう言えば酒を飲まなくなったのと同時期にテレビのケーブルを外している。

放送電波って案外霊的なものなのか。

 

12時前就寝


f:id:ssktmnr:20180901060946j:image

いざ9月へ