心のスケッチ  佐々木大記

信仰生活の日々に思うことを綴ります

9月3日(月) 40万円の家政婦と沖縄の夢

唯一午後の予定が空く曜日。

いろいろやること、取り組むべきことはあるので、何から手を付けるべきか判断に迷う。

そんなときはとりあえず環境整備。

いつの間にかホコリが溜まってる場所を見つけたり、いらないものを捨てたりしてると、気持ちが落ち着いていく。

 

気になっていた一件の求人情報に応募することにした。家事手伝いで月給40万円の契約社員

ほとんど宝くじ案件だが応募。ご縁がありますように。

 

最近何となく感じるのだが、富の引き寄せって、変化を受け入れることなのだと思う。

「自分はそのままでお金だけやってこい」

なんて思ってた頃があったけど、それは間違いだったと実感している今日この頃だ。

 

沖縄で市議選があるようだ。

幸福実現党の金城タツローさんが出るとのことで応援。

宮古島に移住した後輩に応援よろしくと連絡。

よく考えて投票しますとの返答。

よく考えてくれ。


f:id:ssktmnr:20180905150247j:image

宮古島の画像が送られてきた。

美しい。

こんなところで毎日を生活するってどういうことなんだろう。

のんびりしすぎてて自分には耐えられないんじゃないだろうか。

今の自分の東京での暮らしにもし、不満を感じていたら、この写真を見て嫉妬心を抱いたかもしれない。あるいは「俺もそっちで暮らしたい」ていう逃避願望が出てきたかも。

「いつかのんびりしに遊びに行くのは良いかも」とは思うが、自分なりにやり切ったと思えるものを打ち立てるまではそういう気持ちにも中々なれないだろう。

頑張ろう。

素敵な夢が一つ増えた。