心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

2.06夢

大仁田厚の内部で何かを祈る夢
僕は視覚的に表現すると直径6センチ程度のエネルギーの玉になっていた。
何度も彼にエネルギーを与えるような祈りだった。
彼は祈りを必要としているのだろう。



暗闇をひた走る夢
午後の曇り空の下、大きな道路を自転車で走っている。
どうやら東に来すぎた様子で、マップを確認すると、目的地(実家のあるエリア)まで20キロ以上離れているようだ。
スピードを出してとにかく西へ急ぐうちに、大通りから一転、開発工事前の野山に入る。
日が沈み、道なき道、獣道のような安定感のない土の上を走っている。
崖に近い下り坂を急降下し、遠くに道を走る車の明かりが見える真っ暗な平野に落ち着いたところで目が覚めた。
随分遠い道のりの途中にいるようだ。