心のスケッチ  佐々木大記

真理探求の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学を現在制作中。近々電子書籍で第一話を発表予定。(2019.09.27)

前進思考

それで何とかなっているからそのままでやり過ごしてしまうのだろう。

例えば、所々傷がついて液晶にはヒビが入っているスマホでも、使えてるから「そろそろ買い替えたい」と思いつつ結局そのまま使い続ける。
現状維持ってそういうことなのだ。

本当に必要に迫られるまで優先順位を落として先送りできる状況に甘んじる。
今の自分で言えばメガネがそうだ。ネジは緩んでデザインも慣れや愛着を通り越して飽きが来ている。
例えばこのメガネを壊してみたらどうだろう。
新たに買わざるを得ない状況が新しい一歩を余儀なくさせる。
現状維持という選択肢を破壊することも創造力の使い方だ。


理想と現実のギャップを知っておきながら立ち止まっている自分に対して必要なのは、現在のバランス状態を保とうとする堅実な思考の破壊なのかも知れない。

やるしかないというシンプルな思考環境に自分があるとき、とても穏やかな気持ちになれる。
逆に選択肢が豊富なうちほど心は散々に乱れがちだ。
心を振り回そうとする思考の複雑さを捨てて、原始的直感に耳を傾けろ。

答えを探そうとする小賢しさが勇気という美徳を忘れさせ、無数の可能性の扉を閉ざしていることに気付くことができるだろう。


f:id:ssktmnr:20190504060824j:plain