心のスケッチ  佐々木大記

真理探求の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学を現在制作中。近々電子書籍で第一話を発表予定。(2019.09.27)

信じて自由を許す

いろんな常識をぬぎすてようとしている。


これまでも充分常識からはなれたところにいるようなつもりでいたけど、まだまだとらわれているようです。



f:id:ssktmnr:20190728233233j:plain



「こうしなくちゃいけない」
「こうあるべき」


っていうような縛りに気づけるように祈ろう。
気付いて脱いでかるくなってを繰り返す。


この世のルールというか、常識的な考え方と、天上界の考え方とでは大きく異なる部分がある。
その違いが光を遠ざける。


自分で勝手に背負い込んだルール
「こうしなくちゃ」から自分が外れたときに、自分を責める心がよぎる。
それが、気づきの合図になる。


その瞬間に気づいて、自分を思いっきり信じて「こうしなくちゃ」を脱ぎすてる。


心から自分を信じているから自由で、開放的で、安心していて、天真爛漫でいられる。
大いなる力に帰依し、小さきものとして謙虚に日々の勤めを果たせる喜びを見失わないでいたい。


いつも光と共にあることができるよう、心の中に灯した小さな光を決して消さずに歩み続け、一隅に今日も光を点じる。


他人の考え方や世の中の空気
それはそれとしてべつに否定するでもなく。
自分と光の世界をむすんでいる一本の道を、心のまんなかにすえて、とことこ歩き続ける人でありたい。


信じれば信じるほどに、主の偉大な力が及んでいく。
人間心でその大いなる力をさえぎらないように、もっともっと純真になろう。


わたしは自由の力を信じる。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村