心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

大きく受け止める

どういうわけかしばらく寝てばかりの日々が続いています。


f:id:ssktmnr:20190807210110j:plain



夕方からの仕事以外の時間は生きてるのか死んでるのかも分からないほど中身のない時間を過ごしていて、せいぜい昔の講演テープをデジタル音源に変換しつつ教学する位しかまっとうなことはできていない。


でもさほど落ち込むでもなく事態を受け止めていて。
結構しんどいんだけど、あまり気にしても仕方ないかなと、はなから開き直っている。
弱いんだか強いんだかよく分からない人間です。


常識にとらわれない図太さをもう一段強化しておこうという感じなのかもしれない。
善だ悪だ霊障だといったそういう小さい問題を見つめ過ぎてもしようがない気がしている。
そのくらい振り切った感じのキツさはある。


それなりに意味があって今起こっていることだろうし、「まあドンと来いや」っていう謎の自信でこの不調を受け止めている。


だいぶ気分は落ち着いてきている。
スランプや不調は嫌なものだけど、「まあ、構わん」と腹が据わると案外楽だ。
今すぐ逃れたいっていう焦りそのものが苦しみの現況になってしまうのだろう。


理想とする未来が不動ならばジタバタすることもない。
時間を耐える覚悟を決めれば心は平らかになる。
落ち着いてしまえば得るべき智慧をこの体験の中から掴みだすこともできよう。


今最も必要な導きの中にあることを信じて疑わない。
キツくともこの姿勢は一切崩しません。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村