心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

ユートピア実現の瞑想

人間的な限界の中で試行錯誤している自分を脱して、霊的にならなくては本来の力は及ばない。


自分はまだまだ本当の意味で信じていなかったことに気づいた。
自分の足元ばかりを見て、ユートピア建設が叶った世界を心の中に描いたことが今まで一度もなかった。
あるいは、「それはそれ、現実は現実」としてまったく本当のこととして受け止めていなかった。
現実は思いによって創造するのだから、今すぐに創ることができると思い、瞑想をした。
霊的世界において、すべての理想が実現する世界を建設しよう。
初めてそう思えた。
今まで信じ切れておらず、想像する気にもなってなかったのか。
というよりは自分のことを中心に考えていたから、そこに思い至らなかったのだろう。
そして、想像もしたことがないから、「信じる」ということをいまいち掴みきれずにいたんじゃないだろうか。


今回の禅定修行をきっかけに、いろいろ気づかせてもらっている中での今日の発見だ。


実際上無限の可能性があって、人間は変わることができる。
機械のように固定的なプログラムではなく、霊的な生命なのだからいくらでもどのようにでも変わりうるのだ。
というより、本来変化せざるを得ないように作られていて、無常なのだ。
それを、「この人はこういう人間だ」と決めつけて心の中でガチガチに固めてしまっているのは自分の勝手な思い込みに過ぎない。
むしろ、そういう自分の潜在意識が投影されて、現実に変わることができずに苦しんでいるその人がいるのではないか。
霊的世界においてその固定観念で他人に対する「念縛り」をしているのは、思いの主体者である自分自身の罪でしかないのではないか。
そして恐ろしいことに、
「変われない他者イメージ」は「変われない自己イメージ」として自己変革の足取りを重くしている。
主語のない世界での固定観念はそのまま自分自身に跳ね返ってくる。
私たちは肉体自我によって見た目上分かれているだけで、本来は一体だ。
一体である生命エネルギーが違う役割を担って違う出口(肉体)から表出した形に過ぎない。
他者が変化しないという認識は、そのエネルギー自体の変容性を低く見積もるということと同じだ。
すべては無常であり、変化しかない世界の真実に反して「変わらない」と思い込むことが苦しみの原因でもある。


すべては変化していく。
その「真実」に思いを合わせることは霊的な自分にとってはごく自然なことだけど、この世的な自分にとっては新しい発想なだけに、意識して思い描かないとただの言葉の理解、論理としての記憶程度にしかならない。
だから想像することによって、霊的な実体験を積み重ねていかないと、真実として受け止められないのかもしれない。
この世的に証明できない真理こそ、瞑想によって霊的実感を積み上げる必要がある。


心の中に描いたのは主の描かれているユートピアがすべての人の変化によって完成する偉大な瞬間。
自分の身近にいる家族、友人、法友、近所のおじさんおばさん、日々すれ違う人、テレビタレント、作家、科学者、芸術家、音楽家、経済人、各国首脳、国民、思い描ける一人ひとりが真理に目覚め、変化し、それぞれの個性がそれぞれの場所を明るく輝かし、地球が強烈な光で埋め尽くされていくビジョン。
描けば描くほどに周りの人が幸せになっていく感覚が、黄金の光となって自分に降り注がれてきて今とても気持ちいい。
幸福実現党は普通の勝ち方ではなく、これぞ宗教政党というべき神がかった勝ち方をしていた。
幸福の科学は地球規模での信任を得て、地球神降臨を祝福する世界最大規模の祭典が催されようとしている。
世界中の争いが終結し、地球上から恐怖と悲しみが終わる宣言がなされる瞬間を世界中の人々が共有しようとしている。
世界が一つの愛によって調和され、一つの夢によって発展していく時代の始まり。
そして、宇宙時代が公式に始まる瞬間でもある。
偉大な事業に身を投じた信仰者たちは最大の喜びと感謝によって一つになっている。
小さくささやかな布施の日々が走馬灯のように集合想念を駆け巡り、今、主を世界で最も偉大ならしめようとしている。
巨大な2体の天使が会場の両脇でかしづいて祈っている。
今という同時刻に人類史上すべての人が初めて耳にする言葉が主から放たれる。



ここ最近無我とか無常観とか、空とかについて瞑想するようになったおかげで、霊的に自由になって、すれ違う人との垣根がなくなってきてるような感じがしてきている。
自我意識による思考は狭く小さく、可能性も有限なのだけど、霊的になって主の意識に近づくことで、人を愛する目、未来を信じる目で世界を描くことができるようになるし、自分が思う以上に大きなビジョンが現れてくる。
自分中心のちんまりした成功イメージとか描く必要ないのかもしれない。
主のスケールに合わせる方が圧倒的に幸せだ。
霊的に不可能がない以上現実は関係ないし、結論が先行するのだと考えれば現実も無限界に変わりうるんじゃないだろうか。


今すごく希望が湧いてきている。
もっと近づいて行こう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村