心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

環境を高める

自分が責任を果たしていくために、豊かになることはとても大切なことで、決して軽視してはならないことだ。
助けたいと思う人を現実に助けるための力がなければ、どんなに心優しくとも責任を果たしたとは言えない。
心の悟りと富の悟りを一致させることが本来自然なことなのだと思うに至った。
なので、繁栄への道をいくつかのテーマの探求を通して開拓していこうと思います。
今回のテーマは「環境を高める」


「他人や環境のせいにしてはいけない」とは付き合う人を選ぶなという意味でも、身を置く環境を選ぶなということではない。
自分の安全地帯を踏み越えていく勇気、積極性をもって前進していかないと、人間はなかなか変わっていけない。
慣れ親しんできた習慣や人間関係、職場などの中には一生を貫くべきものではないものも、多くあるだろう。
本来何一つ変転しないものはないのであって、「変わらない」という自然の理に反する考え方が苦しみを産む要因となっているのではないか。
無意識にしがみついている、「本来もう変わるべきこと」に気づいて決別することで、自然に進歩と調和を実現していけるのではないか。



「環境」とは日々繰り返されるもの。
起きて最初に目にする景色。
心に描く心配事。
気にしているコンプレックス。
顔を合わせる人々。
口にし、耳にする言葉。
目に映す情報。
起きて寝るまでの間にこうした様々な精神的・物質的環境に心を浸し生活が形成され、毎日一定のリズムで反復するうちに、それが自分そのものに同化していき、自分固有の波動が定まっていき、自分自身もまた環境になっていく。


自分はどういう環境だろうか。
世界からどんなものをひきつけて、他の人にどのような影響を与えているだろうか。
今あの世に帰ったとしたらどんな人たちと付き合うだろうか。
日常的に考えていることが近いような人たちと共に過ごすことになるだろう。
それが、本当に理想なのだろうか。
本来の在り方なのだろうか。
今が魂のピークだと感じられないのであるならば、もっと踏み込むべき領域へと魂の幅を押し広げていくことが必ずできるはずだ。


繰り返し目に映している景色や、自分や他人の姿を当然だと思っているけれど、実は出会うべき人や経験すべき出来事に限りなどなく、どこまでも自由なんじゃないか。
安全地帯を自分で狭めてそこから出ていくことを恐れ、出来上がったつもりになっているだけなのではないか。
自分の器の中でそれぞれに人間完成を目指していくのが幸せだとは思うが、どのあたりが自分の分限なのかは、自分に問えば分かるはずだ。



環境とかそれほど問題視せずに、とにかく自分の内面へ目を向け続けて来たけれど、外側から自分自身を引っ張り上げていく形での意識改革をしていきたいと思う。
やぶるべき「殻」がまた見えて来た感じがしています。
このブログ自体もまた「善き心の環境」として見る人に提供していけるよう心掛けようと思う次第です。