心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

あなたにとっての富の価値を誰よりも知れ

2019/10/20
2:38追記
思い出した。
富=いろんな人と過ごした時間、体験。
かけがえのない宝ものだ。
本心だ。
実際、人と過ごした時間の記憶は抜群に良い。
というか全然忘れない。
本当にいつでも思い出して幸せになれる。
心から愛している。


やっぱり経済的豊かさって自分には良く分からない。
2:44


ssktmnr.hatenadiary.jp


自分にとっての富の価値ってなんだろう。


富というより、時間の価値なんじゃないだろうか。
欲しいものとか、特にないし。
時間だけ欲しい。
作品を生み出す時間。
世の中に自分を役立たせるための費用。
費用が欲しい。


贅沢とか、そんなにいらない。
全然いらない。
費用。


自分を育てて良いものをつくり出して、たくさんの人に本当の幸せを掴んでもらうための手助けができるようになりたい。
子どもたちの心を豊かにする教育
次世代の人材育成
芸術活動
コンセプター


いろいろ考えてみて思ったが、今現在の収入とかどうでも良いことで、自分はポテンシャルとして既に豊かなのだと思う。
世の中のためにやりたいことなんていくらでも出て来るし、私利私欲はない。
自分個人の生活にはもう満足できている。
金が欲しいならたくさん働けば入ってくるし、その程度の欲求など理想の内に入ってこないのだ。
もっと崇高なミッションの一部として地球人類のお役に立とうと心底思っているのだから、「富よ従え」っていう感じで良いんじゃないだろうか。
必死に求めるとか何かぜんぜん違う気がする。
ということで私は自分のやるべきことに集中しよう。



だけど
自分の夢を描いてもっと具体的に構想していく努力は必要だなと感じる。
「構想の貧しさ」が自分にとっての富の価値を低くしている部分はあるなと思える。
大風呂敷でも良いから夢を広げて構想する時間を作るようにしてみよう。