心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

ユーモアを尊べ

「ユーモアを尊べ」ってどんな指令だ。
ssktmnr.hatenadiary.jp
ばくぜんと大事だよねとは思う。


これって、意識のチャンネルを変えないとつかめない引き出しだと思う。
修行モードじゃだめなのだ。
解放モードってやつか。
だれかと一緒入るときにしか作動させていないやつ。


ブログでもたまにそういう面出てるときあるけど、気分が乗っているときくらいで、普段からユーモアを自在に操るみたいなことは、そういえばしていない。
昔はもっとふざけてた気がする。
その感覚をどうにか引き出そう。
なんでこんなことを夜な夜な必死に考えなきゃならんのだろう。
でもインスピレーションはインスピレーションだし、取り組むのが苦手ってことはそこに伸びしろがあるわけで。
その奥になんらかの新境地を期待できるわけで。


ていうか、もともとこんな真面目な感じのひとではなかったのだ。
動物占いだって何色か忘れたけどサービス精神旺盛なコアラだったと思う。
20代前半でちょっとふざけすぎて深い反省が必要になったのがきっかけだったろうか。
悪ふざけを自粛するようになったのだと思う。


(この記事は自己分析になりそうなので、こっから先は読む価値があまりないかも。)


どうもこの「ユーモア」っていうテーマが意外と自分を解放していく鍵になりそうな感じもする。
ティッピングポイントか。


正直明日朝早くから面接だし、もう寝たい。
なんでこんなお題があるんだろう。
マジメに考えるのがなんだかあほらしくて難しい。
やはりいったん寝る。
気が向いたら続きをかこう。
0:32