心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

人生を変える読書

よく眠れなさすぎて気持ち悪いという珍しいコンディションです。
ここ数日睡眠環境があまり良くないなかで積み重なったストレスが体調に反映されていると思われる。
今日は酒でも飲んで深く眠ろうかな。
しらふの緊張状態を解除した方が幾分眠れると思う。
ただ、お酒って一度飲むと癖になるからできるだけ手を出したくない。
導入剤って使ったことないけど、酒よりは良いのだろうか。
ちょっといろいろ小さなことが重なってストレスが溜まっている。
それらを一掃してしまわないとイタチごっこか。
根本問題は自己変革だ。
それ以外の小さなことに気を散らして向き合うことを先送りして、後手に回って不要なストレスを増やしている。


でも、
人間思うように行かないこともある。
簡単じゃないからこそやりがいもある。
自分を責めているわけじゃないが、もっと気楽になっても良いか。


こだわりが邪魔をしているように思える。
抱え過ぎている荷物をおろせば楽に乗り越えられそうな気がしてきた。


昨日ふと経典『成功の法』が心に浮かび、読みふけっていた。

成功の法―真のエリートを目指して (OR books)

成功の法―真のエリートを目指して (OR books)

今まであまり深く理解できていなかった言葉の意味が、ようやく分かるようになっている自分に気づけた。
軽く読み飛ばしていた部分に重い真髄を垣間見た。
それがどこだとここに書いてもあまり意味ないのかもしれないけど、自分に染み込ませる分には意味あるかも。


第二章 「成功の条件」
・魂の喜び
・気高さ
・自信
目標設定
そして、
勇気ある行動


どれも大事だがとくに、自信と勇気の部分は見落としてはならない根幹の部分であり、今まさに自分に必要な指針だ。
けっこう重いのだ。
されど
第一章 「成功とは何か」
では
人生に起こる波風を爽やかに乗り越えて引っかかりを作らないことが、人間に求められている課題でもある
というふうに説かれていた。


いずれも
教訓としてではなく、実践レベルでこれから取り組んで行くわけなので、人生を変える読書になったことは間違いない。


本当に変わり目節目にあるのだなと感じる。
作品の執筆ではなく自分の人生の執筆でいつの間にか深く思考を巡らせている。


すごい疲れた。
あいきゃん。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村