心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

独り歩きする想念

経典『成功の法』メモ
人の放つ想念って独り歩きする生きもののようなもので、その中身が否定的であった場合、否定的な人、失敗者を引き寄せてしまうんだとか。
しかも多くの人の想念は放っておくと否定的になりがちで、意識しないと勝手に疫病神を呼び寄せてしまう。
逆に積極的な想念を持続していると、積極的な人が集まってきて、悲観的な考えを持った人が寄り付きにくくなる。
心の在り方ひとつで、自分の身の回りに集まる人が決まってきているってことは今の俺って。。。
などと、自分が心配になってきた。
意識的に積極的にしようなどとは思っていなかったし、最近はやや悲観的でもあったので、ここはとても良いタイミングで反省させて頂いている。
f:id:ssktmnr:20191120085804j:plain


面白い観点だが、積極的想念を持つために大事なポイントとして、「健康管理」があげられている。
なにも精神的なことだけが原因なのではなく、実は健康状態が優れていないから、自信が湧いてこないのだ。
元気はつらつで気力に満ちているときに、悲観的になることは難しいのだということだが、確かにその通りだし、最近まさに健康生活から少し遠ざかりつつあった。
想念の世界の中だけで生きていると、思いが暗い方へ変わっていくとも書かれている。
耳が痛い。


成功不成功は人との付き合いから始まっていく。
その原因となる自分の想念をきちんと調教しておかないと、思わぬ独り歩きをして人生を余分に遠回りさせるということだってあるだろう。
逆に、想念の調教を着実にやっておけば、良い人間関係を築きながら時間と共に持続した成功イメージへと近づいていくこともできる。


その第一歩は、相手に関心を持たれることであり、「商売を離れても付き合ってみたい」と思われるような自分になることだという。
全然できていない。
むしろ隠密かと言わんばかりに社会の日陰をひた走ってきた感じすらある。


自分自身も他人にたいする関心薄かったと思うし。
一人になりたかったので、そういう時期だったのだと納得するしかないのだが、切り替えないといけないなーって、だいぶ前にも思ったことあったきがするけど、全然できてない。
前の記事で「仲間」って言葉も出てたし、イメージは持っておこう。
それこそ積極的なイメージだよな。


健康管理
体づくり
を意識しつつ、積極的な行動を他にもたくさんしていくことで積極体質に自分を導く。
人生計画を立てる
新しい勉強
絵を書く
いらないものを捨てる
自分に褒美を与える(遊び・好きな食べ物・欲しいものなど)
などなど


そして、祈る。
より良き想念を維持し続けられるよう、祈りによって支援を願う。


放っておいても守護霊は勝手な助けを与えない所があるのだと思う。
地上を生きる本人の自由意志が優先するのだから、祈りを通して助けを求めるということは、守護霊自身の仕事にとってとても大切なことなのだろうし、本来そうあるべきなのだと思う。


この想念の在り方を如何に調えていくかという仕事はとても繊細な仕事のようにも感じられるが、その違いは3年、10年という取り返しのつかない単位において大きな違いを生むものだと思う。
一日とか一週間といった短い時間のなかでも明確な心の変化を実感していけるだろうけど、肉体が死んだら想念そのものになるのだから、人生の課題として生きてる間中きちんと責任を持って整えておいた方が良いだろうな。


積極的に誰かを害するような想念を持っていなかったとしても、否定的で暗い想念で自分自身を害しているのだとしたら、自分の周りに対して良い影響を与えられていないってことだ。
しばらく一人だったけど、これからはもっと他人との関りを増やして、「会えて良かった」と思ってもらえるような人間になっていきたい。