心のスケッチ  佐々木大記

真理探求作家の日々のひらめきを綴ってます。愛と幸福をテーマにした児童文学「ジル」を電子書籍出版で連載開始。http://pr4.work/3/jill(10/24)

満ち溢れる幸せ

積み上げては崩す
積み上げては崩す
そんな人生を繰り返してきた。


何かを始めるたびに、心のどこかで「また積み上げて崩すんじゃないか」と自分を疑ってきた。
なんでそうなるのかと疑問に思っていたけど、そもそも自己否定を動機に人格形成をしてたからなんじゃないだろうか。
これは克服すべき欠点だと思って自分の中から除外しようとしていたものが、実は欠点ではなく個性だと気づけないまま否定して生きてきた。
永遠に満ちることのない月のように、常に何かが欠けている状態が自分にとっての理想なのだと、潜在意識に指令を出しているような状態だったのではないだろうか。
だから、何かが満ちようとするたびにそれを阻止するような働きかけを無意識に実行する。
幸福になれない症候群の自分なりのからくりが見えてきた感じがする。


恋人ができそうになったことが過去に何度かあるが、いずれもフラれるたびにホッとしている自分がいた。
そもそもフラれそうな相手を選んでいるところから、満ちることへの忌避は始まっているのだが、ときには実際に相手の前で「良かった」とさえ口に出していた事すらあった。
そのときはさすがに「病気だな」と思った(笑)


ここ最近なぜか「これからは幸せになりたいな」と、ふと思うことが何度かあった。
もしかしたら、幸せになれるのかもしれない。
足ることを知るという意味で「自分は恵まれている。幸せだ。」と思ってきたし、自分独自の人生を生きられていることが幸せであると今も思ってはいるけれど、それは「わたしの幸せ」だ。
これからなろうとしているのは「わたしたちの幸せ」なのだろう。
自分自身が満ちていくことを許可できたのだから、もう積み上げたものを崩す必要性はなくなった。


欠けたものを満たすのが幸福だと思ってたから、満ちたら欠けるようにしむけてきた。
これからは満ち溢れた光を分かち合う幸福を心に描けばいい。
あなたは幸せになることができる。


f:id:ssktmnr:20191206094705j:plain




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村