心のスケッチ  佐々木大記

真理作家の日々のひらめきを綴ってます。電子書籍児童文学「ジル」http://pr4.work/3/jill 随筆note「本当の自分に目覚めるための物語」https://note.com/ssktmnr/m/m69f95d8d6351 を執筆中です(^^)

幸福の科学

国家の病と変容する全体主義

緊急事態宣言解除について幸福実現党の声明幸福実現党が「緊急事態宣言の全面的な解除を求める」声明を発表 | ザ・リバティweb https://t.co/3g8pO7EEfs— ウミ音コ (@ssktmnr) 2020年5月16日 主に大恐慌を懸念した声明となってるけど、緊急事態宣言には自粛…

小説 心霊喫茶「エクストラ」の秘密―The Real Exorcist ―(大川咲也加)

心霊喫茶「エクストラ」の秘密―The Real Exorcist―映画公開に先がけ、 原作ストーリー&ノベライズを発刊! 「憑依」「ポルターガイスト」 「自殺霊」「地縛霊」「遠隔透視」―― フィクションや想像を超えた 「真実の悪魔祓い」を、 あなたは目撃する。 www.irh…

細切れの攻防戦

大きな結果は小さな積み重ねによってできている。 多少の睡眠不足とか、不摂生だとか、忙しさ。あるいは、ツイッターなんかで少しネガティブなコメントをちょっとずつ目にとめていただとか。そういうちょっとずつの積み重ねがいつの間にか積もり積もって気が…

Think Big! 夢と未来

夢を持っていない人は未来を考えていないのと同じです 未来を開こうとしなければいけません 『Think Big!』24ページ 未来開拓法として述べておきたいことは、夢を持つということです。 大きな夢をまずもってください。 さらにその夢を実現しようと努力するこ…

釈尊の未来予言

拝読させていただきました。 「共業」という言葉が浮かんでまいります。 happy-science.jp 釈尊の霊言は最近自分が追いかけていたテーマとつながっているようにも感じられました。8年前にウォーレスが霊言で語っていた以下の言葉は現代人が引き継いでいる共…

要約 悪魔の暴き方

悪魔の起源は結局のところ神への嫉妬であり、「神を越えたい」という願望に始まっています。 その悪しき願いが唯物論となって現れたり、共産主義となって現れたり、神意を無視した環境保護運動となって現れたりしているのだと理解してよいかと思います。 悪…

宇宙時代に求められる真の進化論

人類は今、意識を進化させようとしている これまではそれぞれの文化圏のなかで一つのパノラマを作っていれば良かったけれど、世界的な危機を触媒として、地球的精神をその遺伝子のなかに育もうとしている それは、地球が宇宙に向かって開かれていく「開国」…

【復刻】漏尽通力 現代的霊能力の極致

少し驚いた。 先週くらいから読み返す必要性を感じていた経典だったということと、これが復刻か!というダブルの驚き。www.irhpress.co.jp 待望の復刻――秘蔵の新章を追加収録 まえがき 約三十二年前、著者三十一歳の原著は、『太陽の法』『黄金の法』『永遠…

心のオアシス4 霊性について②

ssktmnr.hatenadiary.com霊的人生観とは何か①に引き続き②では「一冊の問題集としての人生」を取り上げました。 ①では、人生そのものの目的と価値について ②では、人生における悩みや苦しみの受け止め方について 簡単ではありますが、経典からすくい上げてみ…

「人生の目的」に直面するとき

「霊的人生観とは何か」というテーマを取り上げてみたのですが ssktmnr.hatenadiary.com そのテーマに則って何かをまとめようとするよりも、それを考えるためのヒントを地道に拾い集めていきながら、ときおりまとめ記事のようなものを書く方が良いように感じ…

災禍に灯された灯台の光

都心に向かってたのに乗り換え間違って千葉県に運ばれてしまった。 この時間にしては妙に混んでいると思ったのですが、電車が想定の逆方向へ動き出した瞬間私は悟りました。これは帰宅ラッシュだと。 改めて切り替えて改めてオラ東京へ行くだ。 まるで東北本…

ウイルス調伏の仏言

『逆境の中の希望』『されど光はここにある』に今改めて押さえておきたい考え方が説かれていますので、組み合わせて掲載させていただきます。 原文ままではなく、ウイルス調伏バージョンとしてアレンジしてます。www.irhpress.co.jp逆境の中の希望―魂の救済…

心のオアシス2 愛について

ssktmnr.hatenadiary.com 「家庭愛」をテーマに言葉集めをしてみました。 僕自身は結婚もしていないですし、家族関係においては個人主義的に生きてきたような気もします。 ゆえにこれまであまり真剣に向き合えていなかったテーマであり、意外な切り口を選ん…

自分自身の本当の輝きと可能性

ssktmnr.hatenadiary.com 自分の主観によって人生にケチをつけていなかっただろうか 控えめに自分を見積もるのは日本人の国民性と言っても良いほど一般的な傾向性なんじゃないだろうか。 そうでもない人も勿論いるだろうけど、僕自身も自らグイグイ前に出て…

心のオアシスを作るのだ

朝のまどろみの時間にやってくるインスピレーションに対して従順です。 このブログはそろそろ切り替えたいなと言う感じが朝5時台にしてきまして、新しいブログをやることにしようかと。 記事数も多くなってごちゃごちゃしてきたし、やり始めた頃とだいぶ考え…

心にうるおいを求める人へ

心の平安を取り戻すためのおすすめツールの紹介になります↓ プチうつ気味なあなたに、癒しと、エネルギーを【ベストセレクション】 心の修業をする人は人生の中において苦境に陥ることが多々あり、苦しい環境下において悟りを与えられ、自らの魂を成長させる…

未来を照らす心の灯明

昨日の二軒目 世間離れした日々を過ごしているので、世の中の空気感と自分の意識に大きなずれが生じることは承知しているのですが、この頃そのずれが思ったよりも大きくなっているような気がしていたので、世の中の空気を読むべくなじみの酒場に顔を出してき…

悪魔の暴き方

本日の格言 神仏は存在するし、人間の本質は魂であり、過去・現在・未来へと生き続ける存在である。 だからこそ、基本的人権や民主主義、自由、信仰が成り立つのだ。人間が単なるサイボーグなら、AIが神になり、全体主義的奴隷制が成立する。 今こそ地球にゴ…

愛から降魔へ アニメ「鬼滅の刃」から学ぶ

調子が悪い時は踏ん張らないで休むようにしている。 ここぞとばかりに寝て、映画とかドラマとかにはまってみる。 調子を崩さなことが一番なのだが、ときには事故的にエネルギーを吸い取られることもある。 ということで、連休明けから仕事以外のかなりの時間…

ヒーリングからの降魔

www.spacebrothers.jp こちらのブログを拝読しているのですが自分がコメントした懐かしい記事がアップされていたので、6年後の経過報告としてお礼のコメントを入れさせていただきました。 よそ様のブログですので最低限の報告とお礼にとどめたつもりですが、…

幸福論としての目覚め

2018.1月 八戸 10代からの意識の移り変わりを振り返る 10代の頃の不思議な感情を思い出した。 当時なぜか同年代でブレイクしていたスピードや宇多田ヒカルに純粋に嫉妬していた。 みんな同じ感情なのかと思っていたら全然そうでもなかったので「あれ?」っ…

日ノ本が照らす未来

2018.12月 内宮及川幸久さんの動画のコメント欄に「韓国は潰れてしまえば良い」といった論調のコメントが集まっていた 【新型コロナウィルス】韓国必死の株ウォン暴落阻止!【及川幸久−BREAKING−】だれでも自由に発言できる時代ではあるが、だれもが積極的に…

総裁先生との時間

2016.12月 大正池お昼頃 眠っていたら夢に総裁先生が現れた 自分を含む20人くらいの信者が集まっている礼拝室に現れ説法ではなく一人一人のところに赴いて一対一のコミュニケーションをしてくださった 丁寧に時間をかけて 時間をかけすぎて日が暮れようと…

僧団の一員として

2018 日光精舎 「仏法僧の僧に帰依する」っていうテーマです 三宝帰依についてはすでに教えが説かれていますが、今日自分なりに思ったことがあったのであくまでも一つの考え方として書き残したいと思います。 仏説正心法語の中に 『仏弟子の誓い』っていう経…

動画を始める  ~挑戦というより手抜き説~

1月11日7時39分 一睡もせずに朝になってしまいました昼夜逆転しています 昨晩友達とご飯食べに行ってお酒飲んでないんですけどご飯食べた後コーヒーを飲んだのが効いたらしく眠れないまま一晩過ごしてしまいました でも一晩ぼーっとしてたのかって言うとそう…

宗教者の務め②

今後厳しい時代に入っていく流れの中で考えられる霊的なリスクとそれに対する光の打ち返しの必要性について前回の記事ではお話ししました。 ssktmnr.hatenadiary.jp で、続きですが 結局幸福の科学が繁栄を教えとして説いて金稼ぎの宗教だとか言われてみたり…

宗教者の務め①

引き続き音声入力ってものを何度かトライしてみているんですけどテーマを決めて一つの記事を作るんだっていうマインドでしゃべり続けるというのはとても難しいということは分かってきていてちょっと今それは諦めようかなと思っています ただ口に出して話すこ…

自由人の改心

情緒の回復ということを書いたが、そういう短期的な視野の話だけではなく、今回の帰省によってもっと広い観点から見るべきものがだんだん見えてきていて、例年とは違っている自分にちょくちょく気付かされてる。 「なんの責任も負わない自由人としてフラフラ…

反省について

自分が背負うことのできない試練が与えられることはないという。 あらゆるマイナス要因が自分を成長させるために与えられているレッスンで、それは、自分の実力相応に現れているということを、頭で理解しても、なかなか心から真実として受け止めることは難し…

愛へ

現実的な忙しさや、自分自身の時間管理のルーズさが相まって、気づいたら時間が結構すぎているという感じで、現実の出来事や出会いが様々に訪れては去っていく日々が続いています。 いっきに自分のここ最近の日々を一つの記事にまとめ上げるより、一つひとつ…