心のスケッチ  佐々木大記

真理作家の日々のひらめきを綴ってます。電子書籍児童文学「ジル」http://pr4.work/3/jill 随筆note「本当の自分に目覚めるための物語」https://note.com/ssktmnr/m/m69f95d8d6351 を執筆中です(^^)

心の景色

お金≦時間≦?

気が付くと午前四時 隣には慎重180センチ越えの大きな赤ちゃんが寝静まっている。 この日預かった知的障害の男の子がなかなか寝付けずにいたので、すぐ横のソファーに自分も横になって自分が出版した作品を読み聞かせてあげたりしながら一緒に落ちたのだった…

国家の病と変容する全体主義

緊急事態宣言解除について幸福実現党の声明幸福実現党が「緊急事態宣言の全面的な解除を求める」声明を発表 | ザ・リバティweb https://t.co/3g8pO7EEfs— ウミ音コ (@ssktmnr) 2020年5月16日 主に大恐慌を懸念した声明となってるけど、緊急事態宣言には自粛…

奪われゆくリアルワールド

去年秋以降電車に乗ることがなくなり、先月から新宿での仕事が始まるまで一か月に一回程度しか電車で出かけることはなかった 今ようやく週に一回か二回ほど電車通勤をするようになって、改めて東京の電車内の風景に違和感を感じるようになった毎日利用してい…

細切れの攻防戦

大きな結果は小さな積み重ねによってできている。 多少の睡眠不足とか、不摂生だとか、忙しさ。あるいは、ツイッターなんかで少しネガティブなコメントをちょっとずつ目にとめていただとか。そういうちょっとずつの積み重ねがいつの間にか積もり積もって気が…

ゆるみのある景色

2020-05-07 07:53鳥たちがさえずっている。 自宅よりほんの少しだけ田舎、自転車で20分程度の住宅街で朝を迎えている。 外の空気を感じられる静かでいいところだ。 駅前で暮らすのは便利だが、毎日都心で働かなくなった今となってはさほどのメリットもないの…

三途の川

随想 大きな地震や水害が来て電気が止まったり、仕事いけなくなったり、死んだりと、いろんな未来があり得る。 死んだ場合はこの世的な時間のくびきから外れるので未来というよりは、いよいよ次の世界か。 そういう覚悟はまだ薄い。 電気とまったり仕事いけ…

反逆的被害者ゾーンへの誘い

2020.04.26 総本山正心館に参拝する夢を見た。 とてもリアルだった。守護霊か魂の兄弟か分からんけど、もしかして行ってたんじゃないだろうか。何かイベントしてたっけかと、精舎のスケジュールを確認したら、出世祈願大祭だった。金曜の夜に総本山正心館か…

奇跡の時代に

どんな環境であったとしても、この世界に生まれることはすばらしい 父があり 母があり 美しい夕焼けがあり 月は毎夜その表情を変えて微笑んでいる 雲が空を覆いつくすような日には、太陽への憧れを思い出せる 厳しい冬には、温かいことの嬉しさを思い出せる …

知らぬ間に失われる自由

久しぶりに寝込みを霊的に襲われた 昨晩2時過ぎに記事を書き終えて三時前にようやく床に就くと、頭に刃物で差し込んでくるような感覚のやつがきた。 寝込みを襲おうなんて野暮な奴だぜ。 でも結構力強く激しい感じで、金縛りも強めで解けにくかったので仏説…

星を見るか、泥を見るか

体温計が品薄になっているを知らなかった。 アマゾンを調べたらあることはあるのだが、ちょっとした面白い発見があった。 商品ページで出品者情報を選択すると 販売業者の詳細が出てくるのだが どの体温計も必ずと言って良いほど「CN」 つまり中国から出品さ…

音楽が完成するとき

東京地方に大雨が降り続けて 部屋の中に居続けることもあるさ まるで魚になった気分だよ まるで水槽の中の魚 まるで泳がない魚 Fishmans - Weather Report 雨って情緒的で好きです。 なんとなくどこからか音楽が心の中に広がり始めて心の世界の空気が変わっ…

最近の心境

どうも違う人生が始まっているような感じがしています。 ターニングポイントは経典『新しき繁栄の時代へ』 この一書を手に取って 「あ、これからすべてが変わっていくんだな」という感覚を得て、関心の範囲が一気に世界に広がっていったのが始まりでした。 …

祈りに至るために

正しく祈るためには 直き心 正直な心 飾りなく偽りなき本当の心が必要となるもし心にやましく濁ったものがあるならば隠してはいけない すべてを告白して仏の許しを得 心の濁りを洗い流すことで 正直な心を祈りに変えることができる 仏の無償の愛を疑い、裁か…

成功の姿

ヘルメスの成功 自と他の壁=恐怖心を取り去った自他一体の心ですべてが輝く世界を実現することが成功 その永続が繁栄 すべてが互いを信じあって活生かし合う世界 生かし合うとは照らし合うということ この世界は一人きりで輝くことはできない 他を照らせ 限…

切り替える

ワカメ入りカレーライス The Libertyの昨日の配信記事が良かった。「スマホ離れ」と「免疫力アップ」っていう身近なテーマ。 the-liberty.com the-liberty.com このブログはときおり「情報公害」ということを問題として訴えますが、自分自身もまたネット情報…

未来を照らす心の灯明

昨日の二軒目 世間離れした日々を過ごしているので、世の中の空気感と自分の意識に大きなずれが生じることは承知しているのですが、この頃そのずれが思ったよりも大きくなっているような気がしていたので、世の中の空気を読むべくなじみの酒場に顔を出してき…

災いから慮る天意

2018.12月 内宮 国造りの在り方をこの頃よく考えます。 宗教活動の組織運営について意見の募集があったときにも考えたことではあるのですが、小さな活動体が有機的=全体を生かすために機能的に結びついている状態が組織が組織として存在する意義だと思うの…

瞑想習慣を目指して

0212.9月 日光久しぶりにじっくりと瞑想をしたらとても気持ちが良い。 なんで今までこの時間をじっくり取ろうとせずにいたのだろうかという気持ちに今はなっているのだけど、時間がたつと優先順位を落としてしまう自分になってしまうのかもしれません。 なぜ…

愛から降魔へ アニメ「鬼滅の刃」から学ぶ

調子が悪い時は踏ん張らないで休むようにしている。 ここぞとばかりに寝て、映画とかドラマとかにはまってみる。 調子を崩さなことが一番なのだが、ときには事故的にエネルギーを吸い取られることもある。 ということで、連休明けから仕事以外のかなりの時間…

富と言葉

月に2度ほど障害児のお泊り施設でお子さんのお世話をさせていただいているのですが、彼らと過ごす時間に多くを学ばせていただいています。 夕方から翌日のお昼くらいまで一軒家で二人きりで過ごすのですが、基本的にコミュニケーションが困難なため必然的に…

剣禅一如

2019.7月の記事の再掲載です 「剣禅一如」という言葉が昨日からずーっと頭を離れない。 二日前に岡潔先生の霊言を再読してから頭の中に残って消えなくなったので、その言葉が出て来る箇所を改めて読んでみたら、そこまでじっくりその言葉が語られているいる…

悔しい(動画追加)

photos.app.goo.gl 先週近所の葬儀関係の会社で3日ほどバイトでお世話になった。 主力商品は通夜なし葬儀なし火葬のみの「直葬1日コース」 訪問やイベント説明会などで、月40本くらいを目標に営業活動をしているとのこと。 そこで僕はポスティングをして…

総裁先生との時間

2016.12月 大正池お昼頃 眠っていたら夢に総裁先生が現れた 自分を含む20人くらいの信者が集まっている礼拝室に現れ説法ではなく一人一人のところに赴いて一対一のコミュニケーションをしてくださった 丁寧に時間をかけて 時間をかけすぎて日が暮れようと…

バックトゥザフューチャーⅡ

2015.4月 新潟 人手不足のご時世に適した会社ではないものの、久しぶりに仕事の在り方を思い出すような感覚もあった。 先輩が後輩に仕事を教えないというのは決して悪い制度とは言い切れないと思う。 基礎中の基礎は当然教わるとしても、学ぶ姿勢を自分自身…

バックトゥザフューチャー

2013.12.25 新宿最近アルバイト採用された職場の文化が少し面白かった 先輩は基本的に仕事を後輩に教えない 新人は仕事を目で盗んで空気を読んで動く 空気を読めないでいると罵倒される そして慢性的な人材不足に悩んでいるっていう悩ましい会社(笑) 古参の…

未来を創る決意を固めるもの

2017.3月の桜 冬という季節は耐え忍ぶ試練の季節でもある 2月3月とまだ冬は続いていくけれど 心の目を未来に転じてみるとつぼみを開こうとしている桜が見えてくる 2年前の冬の日に仕事先のビルの守衛さんが言ってくれた一言を思い出した 「寒い日が続くけ…

惨めさが宝物に変わる魔法

2018.12月 阿波川島駅 昨日は六本木のミッドタウンで空調関係の仕事 今日は障害児のお泊り施設で見守り 明日は病院で物品搬送 来月は来月で違う仕事をすることもあるかもしれません そのかたわらで表現活動や先々の仕事のための勉強や情報収集や勉強実験計画…

新生のための「断ち切り」ができているか②

2016.2月 夜の街路樹 前回は人は成長する過程で心の中に主体的な人生観による能動的な世界を構築していくという話をしました。 ssktmnr.hatenadiary.jp もしかしたらその人が前に一歩出ることをずっとためらっている理由っていうのは 自分自身を主体とした人…

新生のための「断ち切り」ができているか①

自宅での落書き 2015.10月 久しぶりに文字入力をキーボードで 使えるかわからないけど、今自分が手打ちで記事を作っている様子を撮影している。 動画だからと言って、気張ってしゃべらない。 動きが少しあるだけでも良いかなと思う。 けど、一応BGMはいてお…

新しい希望のために

2020 1.07 0:37 病院地下の控室 空調の音と時計の秒針の音だけが聞こえている。 この頃はこういう静寂の時間が好きだ。 自宅にいても音楽を聴かない時間が増えた。 この部屋を拠点とし、翌朝9:00までを一人で過ごし、終わったら4分ほど歩いた先にある自宅に…