心のスケッチ  佐々木大記

真理作家の日々のひらめきを綴ってます。電子書籍児童文学「ジル」http://pr4.work/3/jill 随筆note「本当の自分に目覚めるための物語」https://note.com/ssktmnr/m/m69f95d8d6351 を執筆中です(^^)

未来

国家の病と変容する全体主義

緊急事態宣言解除について幸福実現党の声明幸福実現党が「緊急事態宣言の全面的な解除を求める」声明を発表 | ザ・リバティweb https://t.co/3g8pO7EEfs— ウミ音コ (@ssktmnr) 2020年5月16日 主に大恐慌を懸念した声明となってるけど、緊急事態宣言には自粛…

奪われゆくリアルワールド

去年秋以降電車に乗ることがなくなり、先月から新宿での仕事が始まるまで一か月に一回程度しか電車で出かけることはなかった 今ようやく週に一回か二回ほど電車通勤をするようになって、改めて東京の電車内の風景に違和感を感じるようになった毎日利用してい…

Think Big! 夢と未来

夢を持っていない人は未来を考えていないのと同じです 未来を開こうとしなければいけません 『Think Big!』24ページ 未来開拓法として述べておきたいことは、夢を持つということです。 大きな夢をまずもってください。 さらにその夢を実現しようと努力するこ…

釈尊の未来予言

拝読させていただきました。 「共業」という言葉が浮かんでまいります。 happy-science.jp 釈尊の霊言は最近自分が追いかけていたテーマとつながっているようにも感じられました。8年前にウォーレスが霊言で語っていた以下の言葉は現代人が引き継いでいる共…

宇宙時代に求められる真の進化論

人類は今、意識を進化させようとしている これまではそれぞれの文化圏のなかで一つのパノラマを作っていれば良かったけれど、世界的な危機を触媒として、地球的精神をその遺伝子のなかに育もうとしている それは、地球が宇宙に向かって開かれていく「開国」…

再建の精神

うーむ スーパーの棚がまあまあスカスカだ。 俺は独り者なので売れ残ってるモノで適当に生き延びて行けば良いけど、家庭は大変だよな。 宗教コミュニティーがこういう時の助けになれるよう、地区ごとにフードバンクシステムを作っておくとすごい良い伝道にな…

切り替える

ワカメ入りカレーライス The Libertyの昨日の配信記事が良かった。「スマホ離れ」と「免疫力アップ」っていう身近なテーマ。 the-liberty.com the-liberty.com このブログはときおり「情報公害」ということを問題として訴えますが、自分自身もまたネット情報…

未来を照らす心の灯明

昨日の二軒目 世間離れした日々を過ごしているので、世の中の空気感と自分の意識に大きなずれが生じることは承知しているのですが、この頃そのずれが思ったよりも大きくなっているような気がしていたので、世の中の空気を読むべくなじみの酒場に顔を出してき…

災いから慮る天意

2018.12月 内宮 国造りの在り方をこの頃よく考えます。 宗教活動の組織運営について意見の募集があったときにも考えたことではあるのですが、小さな活動体が有機的=全体を生かすために機能的に結びついている状態が組織が組織として存在する意義だと思うの…

人間論

2018.3月の記事の再掲載です 世の中にはドラマが不足している。 理念だとか哲学だとか、思想だとか、言い方は様々であろうが、とどのつまりそれは行動原理であり、心をひきつけるドラマなのだ。 君は毎日にドラマを感じて生きているだろうか。 起きて、食べ…

日ノ本が照らす未来

2018.12月 内宮及川幸久さんの動画のコメント欄に「韓国は潰れてしまえば良い」といった論調のコメントが集まっていた 【新型コロナウィルス】韓国必死の株ウォン暴落阻止!【及川幸久−BREAKING−】だれでも自由に発言できる時代ではあるが、だれもが積極的に…

バックトゥザフューチャーⅡ

2015.4月 新潟 人手不足のご時世に適した会社ではないものの、久しぶりに仕事の在り方を思い出すような感覚もあった。 先輩が後輩に仕事を教えないというのは決して悪い制度とは言い切れないと思う。 基礎中の基礎は当然教わるとしても、学ぶ姿勢を自分自身…

バックトゥザフューチャー

2013.12.25 新宿最近アルバイト採用された職場の文化が少し面白かった 先輩は基本的に仕事を後輩に教えない 新人は仕事を目で盗んで空気を読んで動く 空気を読めないでいると罵倒される そして慢性的な人材不足に悩んでいるっていう悩ましい会社(笑) 古参の…

未来を創る決意を固めるもの

2017.3月の桜 冬という季節は耐え忍ぶ試練の季節でもある 2月3月とまだ冬は続いていくけれど 心の目を未来に転じてみるとつぼみを開こうとしている桜が見えてくる 2年前の冬の日に仕事先のビルの守衛さんが言ってくれた一言を思い出した 「寒い日が続くけ…

惨めさが宝物に変わる魔法

2018.12月 阿波川島駅 昨日は六本木のミッドタウンで空調関係の仕事 今日は障害児のお泊り施設で見守り 明日は病院で物品搬送 来月は来月で違う仕事をすることもあるかもしれません そのかたわらで表現活動や先々の仕事のための勉強や情報収集や勉強実験計画…

可能性の扉に光をあてろ

2018.12月 内宮 にわかに仕事が増えてきて少し忙しい と言っても普通の会社員以下だと思う いろいろな仕事をとおして様々な立場から世界を見るのはとても良い経験だと思っている であるならばもっとリッチな世界ものぞいてみたいなとふと思った 「いろいろな…

新生のための「断ち切り」ができているか②

2016.2月 夜の街路樹 前回は人は成長する過程で心の中に主体的な人生観による能動的な世界を構築していくという話をしました。 ssktmnr.hatenadiary.jp もしかしたらその人が前に一歩出ることをずっとためらっている理由っていうのは 自分自身を主体とした人…

新生のための「断ち切り」ができているか①

自宅での落書き 2015.10月 久しぶりに文字入力をキーボードで 使えるかわからないけど、今自分が手打ちで記事を作っている様子を撮影している。 動画だからと言って、気張ってしゃべらない。 動きが少しあるだけでも良いかなと思う。 けど、一応BGMはいてお…

雲海を突き抜ける意志

今の自分には目標設定が足りていない。 一日を生きる気力の元となる目的を自分自身で創造する習慣を身に着けたい。 これまでは仕事でスケジュールを埋めることで、常に何かしらやることや、行く場所がある状態を維持していた。 いや、正確には維持“されてい…

運命の解放

9:39 ベッドで必要以上にごろ寝している。 まだ一日は始まっていない。 映像作品というか、映像資料作ってみたいなーとおぼろげにアイデアを遊ばせている。 「自分には縁のない世界」と無意識に決めつけて閉ざしている扉の一つ。 閉ざしているというだけで、…

未来を作る孤独な子どもたち

天才を生んだ孤独な少年期 ―― ダ・ヴィンチからジョブズまで作者: 熊谷高幸出版社/メーカー: 新曜社発売日: 2015/03/16メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る とても面白い本だった。 天才のものの見方や考え方、世界との関わり方との関係が分…

暗闇の中にある人へ

深い悲しみや困難の中にあるとき、希望を持ち続ける勇気を失い、不確かな未来を信じるよりも、心を閉ざし、その場限りで通り過ぎていく現実の中に閉じこもって生きる方が気楽だ。 幸い今の時代はお手軽に気を紛らわしてくれるような気休め産業が盛んで、ライ…

一つの世界で

いろいろな言葉を羅列しているが、煎じ詰めれば「人間の心をいかに豊かなものにしていくか」というミッションに挑んでいるのであって、そのために色々な手段を通して世界に働きかけようとしているのだ。 芸術でも音楽でも文学であっても、宗教であっても、共…

縁起の洗い替え

パラレルワールドに関係するドラマを昨日見ていた影響だと思うが、過去を変える夢を見た。 汚名を着せられて自殺に追い込まれたある政治家に仕掛けられた陰謀を回避する夢。 運命を書き換えるようなノートを自分は手にしていて、その政治家に起こる出来事の…

日本とは

台風19号リーディング ー天災に顕れる神意を探る作者: 大川隆法出版社/メーカー: 幸福の科学出版発売日: 2019/11/08メディア: 単行本この商品を含むブログを見る台風19号リーディングを拝読した。 表カバーがとても神々しいです。 日本という国とその国を治…

人生を変える読書

よく眠れなさすぎて気持ち悪いという珍しいコンディションです。 ここ数日睡眠環境があまり良くないなかで積み重なったストレスが体調に反映されていると思われる。 今日は酒でも飲んで深く眠ろうかな。 しらふの緊張状態を解除した方が幾分眠れると思う。 …

爽やかで開放的なオカルト人間へ

ssktmnr.hatenadiary.jp ちょうど一か月前、誕生日の思い付きで夢をたくさん羅列した。 「ことばで自分を導け」という言葉が浮かんだのがきっかけだったと思う。 自分はどれだけ自分を導くことができただろうか。 一か月前が随分遠い昔のように感じられる。 …

願望を見つける

『プレシャス』っていう映画を見てて、こういう先生になりたいなーと普通に思った。 子供の頃なりたいと思った職業の一つ。 「先生」 "教師"っていうより"先生"。 意外と今でもしっかり憧れがあるってことに気付かされた。 10代後半位のフリースクールに集ま…

決断

「迷い」という善き教師役を得ている。 環境が整っているときは容易くできた決断が、環境の変化によって難しくなることは多々ある。 仮に、環境が調っていたら、簡単に決められて良かったのだろうか。 すべての決断をゆとりある安全圏の中、或いは少し外、視…

地球人類の夢

今朝の瞑想は新鮮だった。 僕の心の中の物語ではあるけれど、理想のその先を夢の中で垣間見たような、不思議な感覚だった。 そこまで行くんかってくらい膨らんでいるけど、まあ心は自由ですから。 このイメージを心にスケッチして膨らましていこう。 地球神…