心のスケッチ  佐々木大記

真理作家の日々のひらめきを綴ってます。電子書籍児童文学「ジル」http://pr4.work/3/jill 随筆note「本当の自分に目覚めるための物語」https://note.com/ssktmnr/m/m69f95d8d6351 を執筆中です。

あなたは信じることができる

知らず知らず何かに囚われていた。

迷ったり悩んだりしなくちゃいけないと思っていたけど、本当はすべて自由だってことを思い出した。


神様は人間が必ず光の道を歩んでくれると信じているから、今も心の自由を決して取り上げることなく、すべてを許してくださっている。
その心の自由を使って幸せの輝きで世を照らす光となるために、真理は与えられた。



真理と共にある限り
どんなに欲望や憎しみや苦しみの誘惑が訪れても
この心は人を愛し
未来の希望を選ぶことができる


たとえ暴力が世界を支配し
私の愛する全てを奪うことがあっても
人々が許し合い
自由の咲き誇る世界を共に建設する姿を
この心は描くことができる


目に見えず耳に聞くこともできない神様の思いを
この心は現実よりも物質よりもリアルに感じることができる


悩みも不安も迷いも悲しみも
すべてはやがて通り過ぎ
滅びゆくけれど
真実の世界には永遠の幸福だけがある


人が真実の世界を生きるとき
神様に宿された自由が息を吹き返し
恐怖の囚われから解き放たれた心は
偉大なる翼となり
進歩と調和の風に乗る



その歩みは一人ひとりの心の発見からはじまる


囚われて見失っていた純粋な思いは
再び目覚めるときを待って
あなたの心の中ですやすやと眠っている


真理の太陽が昇り
長い夜が明けるとき
人々は朝の訪れと共に
大切な心が自分たちの中で眠っていたことを思い出す


深い暗闇の中で
何万光年も遠くの星の小さな光に
わずかな希望を夢見ていた夜は
永遠ではなかった


信じてごらん
すぐそこに神様の光が届いていることをあなたが知るために
沢山の天使たちが絶え間なく働きかけている


今も自分が神様に愛されていることを信じるとき
あなたの長い夜は終わりを告げ
あの永遠の太陽が真理の光でその心を照らし暖める


真理はあなたに自由を与える


あなたを恐怖の牢獄に縛り付けた怒りや憎しみ
抑えることのできなかった欲望の足かせから心を解放し
真の自由を与えてくれる


あなたを批判し貶め
ボロボロに傷つけた相手さえも
許し愛せるほどの偉大なる自由を


不確かなものを信じることができる心の自由は
誰にも奪うことはできない


それはあなたを救うために
神様が与えてくれた永遠の愛だから


f:id:ssktmnr:20190623203846j:plain
※2019.6月の記事から加筆 再掲載


ポチッと↓応援よろしくです
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ
にほんブログ村