心のスケッチ  佐々木大記

真理作家の日々のひらめきを綴ってます。電子書籍児童文学「ジル」http://pr4.work/3/jill 随筆note「本当の自分に目覚めるための物語」https://note.com/ssktmnr/m/m69f95d8d6351 を執筆中です(^^)

心にうるおいを求める人へ

f:id:ssktmnr:20200329111954j:plain

心の平安を取り戻すためのおすすめツールの紹介になります↓



プチうつ気味なあなたに、癒しと、エネルギーを【ベストセレクション】


心の修業をする人は人生の中において苦境に陥ることが多々あり、苦しい環境下において悟りを与えられ、自らの魂を成長させる。ということを何度も何度も繰り返しています。
その神仕組み。神の計らいに気づくことができずに自分が望んだ魂の成長へと向かわずに、苦しみの中に溺れていくことも多々あります。
人間は貧困や病気など、危機的な状況へと追いやられたときにはじめて感じられることがたくさんあります。
当たり前のことと思っていた何でもない日常が輝かしく感じられる瞬間が誰にでもあるのではないでしょうか。


苦しい状況の中で、「自分は与えられていた」という真実に目を開いていくことが、修行者にとっての本当の幸福であり、永遠不滅の魂の成長となります。
今全地球的に起きていることが意味するところは同じ文脈によって起きている大きな神仕組みであると言うこともできるかと思います。


今まで気づくことのできなかった幸せに気づき感謝を深め、反省によって自らの心を浄化していくチャンスが今全人類的に与えられている状況にもなっていますので、この機会に心の学びに触れて本当に大事なことへの気づきを掴めるようこの時期を過ごされることが一人一人の魂の向上にとって大変好ましいのではないかと思います。


普通だった毎日
不平不満がありつつも平和に過ごせていたころ
家族や友人と言い争ったり
あるいは心の中で嫌悪感を感じたこともありました
自分の人生がなかなか開けていかず
どうすれば幸福になれるのか
どうすれば成功者になれるのか
競争社会の中で誰かを出し抜いて勝ち組になるにはどうしたら良いのだろうか
そんなことに悩んだ日々もありました
自分の思うようにいかないことだらけでつい愚痴が口をついて出ることもありました
怒ったり
悲しんだり
「自分は不幸だ」という気持ちになっていたときを今振り返って何を思うでしょうか



形あるものが次々に滅んでいくこの世の儚さを知り、無常の世界の中でなすすべもない小さな自分の存在を感じるときこそ、「感謝」というものを深く学び、はじめて反省に至ることで新しき繁栄の時代へと向かっていくことができるのではないでしょうか。


すべてが「思い」によって成り立っている「思いの世界」であるという観点が出発点となります。
実務的な問題解決も当然必要となりますが、思いの世界において起きているこの現象は根源において「心」の問題であり、一人一人の心において取り組むべき何かを問いかけているということを見失ってはいけません。